« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/28

グォン・ピ・SE7EN

グォン来日で、たくさんテレビで見かけましたっ!
もうカワイイの何の・・母性をくすぐるってあのことだろうね。
イタズラっ子な目つきとかさ。参るね、っとに(*´∀`*)あー
「食わず嫌い」見た人いるかな!?
グォンの苦手はマーボー茄子でした。

  ※理由は「茄子本来の味って良く分からないから・・   しかも軍隊に入ってるときに良く出たから・・」とも言ってた。
  こんなときに韓国語が分かればニュアンスも伝わるのに・・   とかこのときばかりは思ったよぉo(>_<)o


ちなみに「お腹空いた」は「ペコパ」って言うのを最近知ったよ。
「マジ 腹減った!」とか言うのは「チョンマル ペコパ」とか言うんだろうね。
いつかグォンの前で言ってみたいよ。
ってアンタ・・それ言うより前に言わなきゃならんこと山ほどあるけどさ!!

guon
愛してやまないグォン・・
ちなみに私の好きな男子って目が一重で
ちょっと田舎臭い顔の人だなーって思うわけ。
あとはがかわいいと思うし、
最近SE7ENも素敵。
でももちろんグォンが一番だよ!!←必死

参考までにお二人を・・・

P2 ピ(ちなみに韓国語で「ピ」は「Rain=雨」の意)
SE7ENSE7EN02 SE7EN(セブンと読む)
ちなみに最近ちょっと笑ったのが、
ヨン様が筋肉モリモリになったときに、
ヨン様のトレーナーをしたっていう人と写ってる写真ね。

得体知れず、見るたび笑えます(^□^)
なんだろね、言葉はいらない・・・ってこのことかね。
trainerofyon ヨン様 トレーナーと一緒に。
見る角度によっちゃ、仲本工事にも、スマイリーキクチにも見えるよ。
スマイリー、一時期ヨン様の真似してたけど、
トレーナーの方がよっぽど似てるってことには
気づいてないんだろうね・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/27

こ・・このでかさは・・

今日のお昼、会社の子たちと中華のお店に・・
最近働き始めたところは、
銀座ど真ん中なのでいろーんなお店があって・・
ランチ1回に1000円かけててさぁ・・
食えるかーーー!ぎゃおー!って言いたいけど、
みんなと仲良くなるいい機会だし、
ちょこちょこ参加して楽しんでるんだけどね!

今日、アラーキー(会社の友達)が頼んだ
「豚の角煮丼」ってのがまたでかくて!!
タバコとか参考に横に置いとくんだったー。ぐらいの。
女の人の腕の肘から手首にかけてくらいの大きさだったよ!
いや。マジで。

DVC00031DVC00032
あまりスケールのデカさが伝わらないのが悔しいけどさ。
私はヘルシープレートっての食べたんだけど、
ヘルシー、どこ行った? ってくらいのボリュームあって
びっくりしたわ。でも十穀米とかおいしかった。

春巻き、エビチリソース、ワインビネガーのサラダ、ソラマメのサラダ、
エビチップス、サツマイモの素揚げ、オーギョーチー(中国のゼリーみたいなの)
とか詰め込んであってすごく見た目もおしゃれ! さすが銀座だよ。はい。

写真、撮っておくんだったなー・・
角煮があまりにセンセーショナルな登場したもんだから
すっかり撮影のタイミング逃してたよ。

気づいた時にゃサツマイモの素揚げみたいなのしか
皿に載ってなかった・・っていう。
また素敵なランチしたらここに載せておきたいと思うよ。
そのためにはまず、来たそばから食う!ってのを改めないと・・ひー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/21

謎のピアノマン

久々私の心をくすぐるニュースが出たね。

記憶喪失のピアノマン

身元は? 英で記憶喪失の男性、ピアノ演奏はプロ級
2005年05月17日23時27分 asahi.comより

英国南東部の海岸で約1カ月前、
ずぶぬれの黒いタキシード姿で見つかった男性が話題を呼んでいる。
入院先の病院では人におびえた様子で口を閉ざしている。
だが、鉛筆を持たせるとグランドピアノを描き、
鍵盤に向かうとプロ級の演奏を披露する。「沈黙のピアニスト」。
英メディアを通して、男性の身元捜しが広がっている。

男性は20~30代で身長約180センチ。
4月7日にケント州シアネスの海岸をさまよっているところを保護された。
着衣のラベルはすべて切り取られ、身元の手がかりになるものはなかったとされる。
精神的ショックを受けたためか記憶を失い、精神が不安定な状態が続いているという。

病院側は身元を特定しようと、鉛筆と紙を渡したところ、
細かい筆致でグランドピアノといすを描いた。
ピアノの前に座らせると、一転してリラックスした様子となり、
チャイコフスキーの白鳥の湖や自作と思われる曲を2時間以上にわたって演奏したという。

英メディアが男性の写真を報じた後、
行方不明者を捜す電話サービスなどに、
欧州全域から160件以上の問い合わせがあったという。

pianoman
先月29日、入院先の病院の庭を歩く「沈黙のピアニスト」=AP
なんか亡命説とか、映画のキャンペーン説とか
いろいろあるけども、どうなんだろう・・真相を知るのが楽しみ。
すでにハリウッドでは映画化の動きがあるらしいよ。
何でも金に変えてしまうハリウッドの底力かいまみるね。っとに。

この話で、1996年に映画になった「シャイン」を髣髴させるって記事もあったね。
たしかこの映画は実在のピアニストをモデルにして作った映画だよねえ。
ピアニストの名は「デヴィッド・ヘルフゴット」
ラフマニノフの3番が主題の曲でかなり流れてなかったっけ・・

映画の内容は、幼い頃から厳格な父親にピアノを叩き込まれて、
その英才教育のプレッシャーとかから、
一度は精神障害を患ってしまうんだけど、
でも、友人たちに支えられて励まされながらそれを克服して、
ピアニストとしての名声を得た。というお話。

ジェフリー・ラッシュ(主演した人)が迫真の演技で、
ほんとにこの人、神経衰弱なんじゃないか・・って思わされるほどの演技。
そしてアカデミー主演男優賞を見事受賞!っていう。

この人と同じような運命をたどってるとしたら、
ピアノの才能はものすごくあるんだけど
神経衰弱でどこかの病院に入れられていた。
で、その病院はどこかの国の海岸沿いとかにあって、
彼はふらふらしているうちに誤って海に落ちてしまい、
必死に泳ぐうちに流れ着いたのがイギリスだった・・。とか。

でも案外近所の売れないピアノの先生でした。とかって
結末でも面白いけどさ。
まぁいろいろな批評はあるけども、
私は「夢」を持ってこの事件の結末を待つよーーー!

▼追記

ちなみにコッチの「ピアノマン」ではナイ。↓

billy
ピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエル

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/18

これちょっと面白いよね

コレ結構好き。

yabun

| | コメント (5) | トラックバック (0)

バックスボーイズ←ダレ?

もう少しでBSB(バックストリートボーイズ)のニューアルバムが発売になりそうだから
去年のBSBコンサートの話でも入れようかなとね!

BSBニューアルバム情報

BSBのコンサートに去年とうとう夏、行ってきたのよ!!!
ぎゃー! 鼻血ぶー! ってくらい、夏場は興奮したよ。

とにかく、言えることはハウィ (メンバーの中で私の一番のお気に入り。
スパニッシュ系でちょっと毛深いんだけど、シャイなとこが○)

サイコー!!ってことだね。

howie1
超叫んだよ。おかげで翌日喉が痛くてさー。
でもなんか・・奴ら太っちゃって、無理やり踊らされてる感あってねえ・・。
「メーザマーシ ティーヴィー(めざましTV)」見た人は分かると思うんだけど。

朝、「さぁ!バックストリートボーイズの登場です!」なんつって
軽部が鼻息荒くしてたところに、ずんぐりした5人組が映し出されて愕然。っていう。
でも、やっぱり奴らのパーフェクトスマイル(勝手に命名)は健在だったよ。(特にハウィ)
てか、誰がひどいって一番ニック(メンバーの中で一番のアイドル的存在)がひどかったよ。
「歌うなら歌う、動くなら動く!!」って叫びたいくらい
動きと歌両方だとちょいと「ゼーハー」言ってる感じなわけ。

デビュー当時の映像なんか見ると、
髪型だけは昔の国生さゆり風なんだけども、すごい細くてかわいくてさ。
ちょいと悲しかったよね・・

だから友達と、ニック見ては「やだー動いてる!」とか←許したれ
「やだー段差降りたよ、登れるかな?」とか←コラ
失礼な話ばっかりして悲しみを吹き飛ばしたよ。

あとは、リードボーカルの顔が六角形の人の名前忘れて
「スティーブン」ってずっと言ってたのが、まぁ一番失礼っちゃ失礼だったね。
「A.Jーー!ハウィー!!ニックー!スティーブンーー!」
とか叫んでたら友達に「え?あれはスティーブンじゃないから!!」言われて
「そうそう、なんだっけ、あの人。うろ覚え!」

「もー!あれはブランドンだから!」言われて

「あーブランド・・・そりゃビバヒルだろ!!」って爆笑。
正解はブライアンね!
双眼鏡ごしに何度見てみても、
「ジェーソン・プリーストリー(ビバヒルのブランドン役)」は
発見ならず。ってことでさ

とにかく、あまりの激太りぶりにショックを受けて、
帰ってから昔のDVDとか見たらさらに泣けてきちゃってさ。
「いやー・・3年であーも違うか。」と。
オオゲサじゃなくほんとに泣いたよ(笑)

やっぱアイドルでもなんでも、続けているからこそ意味があるね。
そして一時休業するなら、それなりに鍛えたりとかしてないと
ブザマな姿をさらすことになるだけだなーって。

ちなみに、このチケット取るときに、
会社の人がちょっとチケット関係の人とつながりがあるからってんで
お伺いを立ててみたわけよ。
したら「先行予約は取れないんだよー」って
言われて、とりあえず、自力でがんばってみて、
ダメだったらもう一回聞いて!って言われたわけよ。

だから「え。。売り切れちゃうよぉーー」って言ったら
「大丈夫大丈夫!バックスボーイズ?
バックボーイズ?
なんて誰も知らないから!」
とか言いやがってさー!

テメーだけだよしらねーのぁ!とか
思ったら向かいに座ってる顔の半分がメガネで覆われてる風の男も
「バックスボーイズって聞いたことないね。あはは!」って
笑っててさぁ!
あたしもバックスボーイズは知らねえから!
とか思ったけども。
変なとこで切ったりしないでほしいわけ!無知って怖いね(笑)!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/05/17

バッハ三昧

うちの父親の話なんだけど、
実は「バッハ・カンタータ・フェライン」(偉そうな名前やね)
っていう合唱団に入ってるのね!
で、おととしの冬、東京公演にもきて、初台のオペラシティで歌ってるのね。
タケミツメモリアルとかいうまぁきれいなところでさ!

んで、今度はドイツ公演に行ってきたらしくてさ。
パパ初の海外だよ! おめでとう!パパ!!

そんでお土産買ってきたから・・ってんで居間に集まって、
「えりちゃんにはまずぅ・・チョコね。」ってひとつ渡されて
さっそくガサガサ開けて食ってたら
「じゃ、あと好きなのここから選んで・・」って
差し出されたのが、

バッハのキーホルダー、バッハの譜面の印刷されてる鉛筆、
バッハの絵葉書、バッハのブックマーカー、
バッハの・・・ってアンタ!!!

バッハ、バッハ、バッハだらけだよ!!!っていう。

たしかに合唱団の名前からして、バッハ好きなのは分かるけどさ。
アタシまでバッハ三昧だから笑っちゃうよね。

↓バッハグッズ一部
DSC02293
んでもとりあえずありがたく頂いて、
もらったしおりとか挟んだりしてみたけどもでかすぎて本以上に幅取るし、
キーホルダーはキーより重いしで、
揃いも揃ってとんでもない使い心地だったわけだけども、
ほんとまぁ父親はバッハグッズに囲まれてご満悦のご様子だったから良かったなとさ。

父親にはこれ以外にバッハの顔がドン!と出てる
ハガキとか所持してる様子だったけどね。
あの音楽室に飾ってるようなやつ・・・

ちなみにうちのパパが歌ってるのは
「マタイ受難曲」ってやつね。
すごいたくさんある上に長いし、ミサ曲ってくらいだからまぁ
クリスマス近くとかに盛大にコンサートすることが多いんだけども、
小さい頃はいやでさ。
曲がまず意味わかんない上に静かな曲だから
気づきゃ「ぐー・・・zzz」ってことになってるわけ。

しかもアタシも吹奏楽で音楽やってたから、
演奏会ってには慣れてるし、今度はどんな曲やるのかな?とか
いろいろ思うわけだけども、毎度毎度「マタイ」なわけよ。

どうせなら『第九』とか分かりやすいの聞きたいとか言うと
「ベートーベンじゃないんだからがまんしなさい!!」とか
母親からむちゃくちゃな説教受けたりさ。

「パパがやってる素晴らしい音楽聞きに行かないなんて、
まぁーー親不孝な話だよ!」とかまた得意のオオゲサぶり発揮するしでね。
で、行ったら行ったでほっぺたに腕時計の跡つくぐらい熟睡したりしてんだけどさ。

演奏会終わりには父親に駆け寄って
「すばらしかったー!パパ!」とか大絶賛する彼女も
アタシの演奏会がちょっと面白くないと「寝ちゃったよ」とか
あっさり言うあたり驚くけどね!

娘の演奏もガッチリ聞いとけよ!っていう。

でも、音楽とかやってない人でも演奏会聞いてやっぱり
感動するみたいだしね。演奏するほうはするほうで
聞いてもらえることだけでも満足だったり、
うちの母親みたいに出ている人が自分の好きなことやってるのを
見に行くのが楽しいって人も居るし。

やっぱ趣味があるから父親もいつまでも元気だしね!
適度な緊張感っていいし。
私も音楽は続けていきたいね!やっぱり。失敗の方が多いけど(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/05/13

マンガ談義

のだめを・・読めよぉ!!
おいいぃ!!ゝ(´Д`)
←エガちゃん風に
misaeやnaobonの書き込みから
「のだめカンタービレ」
の話が出たから書くことにしたよ!


「のだめカンタービレ」
二ノ宮 知子(著)
nodame12
↑もう12巻でてるみたい。
実は私もっ・・・・のだめに夢中★よ!
しかも、私たち(AUWOメンバーね)33期定期演奏会 演奏した
「ラフマニノフの2番」の話とかも出てきて面白いのよ!

これは会社の子に勧められて読み始めたんだけど、
ある音大のピアノ科にいる「のだめ」って部屋が汚い子(え?お前かって?)
の話なんだけど、絶対楽器やったことない子でもはまると思う。

なんだろ、主人公ののだめのキャラ設定も強烈だけど、
それ以外にワキを固めるキャラのまた濃いこと濃いこと!
misaeが話しに出してたティンパニの子は、真澄ちゃん

私はやっぱり千秋かなー。
しかし私ってどこかそっけない男チョイスするね。
なんだろ、そのそっけない部分が一皮むけて、
よくよく知ってみるとシャイ。だとか少年のようなハートを持ってる。
だとかいうギャップをこよなく好むね。

ま、裏には「親に愛されてこなかった」とか「ひどい裏切りにあった」とか
「家が金持ち」だとかいうまた定番の安い設定があったりするけどもさ!
「キャンディ・キャンディ」のテリィしかり、
「いたずらなKiss」の入江君しかり。
あとは「スラムダンク」の流川君とか好きだったねぇ。

余談だけど、「いたKiss」の多田かおるは自分の部屋の書斎の
机の角に頭を打って亡くなったんだとか・・あの時は悲しかった・・・。

ちなみに、その会社の子が勧めてくれたマンガで
もうひとつオススメがコレ!


「ニコニコ日記」
小沢 真理(著)
niko
とっても泣けます。そしてほのぼのいい話。
この人のマンガは、ほかにもいいのがあって、
「世界で一番優しい音楽」ってのもとってもいいよ。
もおーーーのんのんがかわいいわけ!
こんなにいい子居るわきゃねー!くらいのかわいさ。読んでみてー!

あと、私が好きなのは、これよっ!


「銀牙-流れ星 銀」
高橋よしひろ(著)
ginga
犬の物語だけど、マジさいこー!
今はすっかりあいつの息子の「ウィード」にお株奪われてるけどさ。
てか、クマの絵が、夜中に読んでたらチビりそうになるくらい怖い!
帰省したときに実家で読んでたら、岩手の山からやってきた
「片腕のモサ」とかいう、人相(熊相?)の悪そうなのが出てきてさ。

ニュースで「岩手で民家に熊が・・」とか出ると
「あれ、モサかな・・」とか弟に言ったりして
「アンタ・・入り込みすぎだから・・・」とか諭されたりする場面も多々・・っていう。
「モサ」って「猛者」ってこと!?字見ただけでこえーよ。

特に「赤カブト」ってクマが最強(最狂?)なんだけど、
昔、脳を鉄砲で打たれてから狂っちゃって
冬眠できないクマになっちゃって←そんなんあるんだ
天文学的な巨大さを誇って、秋田の山を支配するわけ。

絵のタッチからすると、3階建てのビルくらいはあるんじゃ・・
ってデカさ。これがまた怖さを引き立てるわけよ。
そんな赤カブトと戦うために、全国から犬っちゅう犬を集めに旅する壮大な物語なんだよね。
んでまた泣ける。っていう。忍者ならぬ、忍犬とかもいたりね!
一応、伊賀と甲賀に分かれて敵対してみたりさ。
ハットリ君とケムマキみたいなもんかね。

マンガってさ、普段そんなに話題に上らないけど、
話してみるとみんな相当好きよね。
さぁ・・のだめの12巻を買いに走れーーーっ!!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/05/12

そんなに泣きたいなら・・

これで泣け!!!

ぐらいの勢いで紹介したいのがコレ・・
あたしゃこれで、今日本屋で本気泣き。


「ハッピーバースデー」
青木 和雄 (著), 吉富 多美 (著)
HB
内容としては、母親に愛してもらえなくて、声を失ってしまう女の子(あすか)の話。
でも、祖父母に預けられて自然の中で育っていくうちに癒されてくわけよ。
変わってゆくあすかはどうなっていくのか。はたまた母親の愛は得られるのか。的な。
かつて私を泣かせることに関しては右に出るもののいなかった
「キャンディ・キャンディ」をもしのぐ泣かせっぷりだよ。

みんなはどっちが好き? え? どっちって?
アンソニーか、 テリィかってことよ!
ま、アルバートさん。って線もぬぐえないけども、
やっぱアタシは。。。テリィ★かなあ(*´∀`*)ポワン←え?どーでもいい?

ほんとあの別れをキャンディ以上に惜しんで
エグエグ言ってた過去が懐かしいやね。
スザナさえ居なけりゃさぁ! とか、イライザのバカ!! とか
若い頃はアタシもずいぶん子供じみた反応してたもんだけども、
久々に読み返しても。。やっぱりイライザは腹立つね!←結局

なにはともあれ、小説とかよりもノンフィクションなどを好む私にしては珍しいチョイスながらも、
これは・・っとに涙なしにゃ語れないよ!!っていうね。是非読んでみて。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/05/10

数学者 ピーター

GW中に新宿に映画見に行ったら
かつての数学者 ピーター・フランクルに遭遇。
しかも大道芸してて、さっそく見に行ってみようと思って
近寄っていってさ。箱を重ねてみたり、ジャグリングしてみたりと
技をいろいろと繰り広げてたわけ!

わぁ!久しぶりー。ブログに載せよう!とか思って
カメラ取り出して、レンズ向けたとたんに
すっごい形相で怒り出してさ。

「それ。ダメ! カメラ 撮る人 芸 見ない」って
カタコトで注意されてすげーーー怖くってさぁ・・
いや、これ文にしちゃうと大したことないように見えるんだけども、
周りもしーーん・・とかなっちゃって・・・
そのあとの芸も目に入ってこないくらい怖かったわけ。

当日アップしようと思ってたんだけど、
あまりの恐怖体験に書くまでにちょっとタイムラグが必要だったってワケよ。

そのあと「ハイドアンドシーク」ってこれまたダコタ・ファニング主演の
恐怖映画見に行ったんだけど、またこれも怖くてサァ!
時々映画館の中に視線移して「私は映画見てるだけ。これは映画だから」とか
言い聞かせないと見続けられないわけ。っとに恐怖だったけども、
それ以上の恐怖だったよ!!←言いすぎ?

で、映画見終わってからデジカメ確認したら
図らずもバッチシ写っちゃってたのでとりあえず載せとくよ。
ほんとピーター・フランクル一気に嫌いになっちゃった瞬間だけどもさ。
いまだに見ただけでこえーよ。自分のせいか・・
ま、悲しいかな写真でみる分には楽しげな風景だよ!
peter

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/05/07

33期 Vol.2 「続・子作り情報」

なんとっ!みっちーから連絡があり、
2人目を御懐妊とのことっ!
おめでとうーーー☆

前は男の子だったから、
今度は女の子だといいね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »