« リベンジ・オブ・ザ・シス | トップページ | 里帰り日記 »

2005/07/30

Blast!

さてさて今週末は学校終わりに「Blast!」を見に、
渋谷のBunkamuraへ行って来たよっ!!
しかも公演初日!!

blast
やっぱり、楽器やってる人見ちゃうと自分もやりたくなるね。
あそこまで極められないにしても。

なんだろう、分からない人に説明したいけど、
説明できるほどの力がない自分が呪わしいよ。
「なに見に行くの?」って言われて
「うーんとね。。舞台の上でドリル。。あ、わかんないか、
マーチングみたいに並んで吹いてみたり、踊りながら吹いてみたり
いろいろね。するやつ」とか言って自分のボキャブラリーのなさに落胆したりしてたワケ。

で、一緒に行った友達に、「アンタならなんて説明する?」って聞いたら
「そうだね、『舞台の上で楽器持ってウロウロするやつ』っていうかな」って言われて爆笑!
それ言われて「ええーー! アタシも行きたい!」とか言う奴いんのかよ! みたいなさ。
ま、でも正解なんだけどね。ある意味。
高度なマーチング・ショウ・・うーん、「楽器が吹けるアレグリア」って感じだよ!
サーカス顔負け!

ishikawa
<上が石川直 下がショーの一部>

なんせ、天井から吊られたままトランペット吹くわ、
やけに決まったポーズでタンバリン打つわ、
シンバル打ちながらジャンプして登場するわ、
隣の人とスネア(小太鼓)叩き合ってロール打つわ、
逆立ちしながらティンパニ叩くわ、一輪車乗りながらホルン吹くわ。っていう。

一見意味のない付加なんだけど、見てるこっちは楽しいのよ!
細かいからいろんなところでいろんな人の動き見てないと見逃すよ! っていう。
全員が全員、筋肉隆々で相当鍛えてるんだろうなーという感じで。。。

ただ、今年で3年目らしいけども、おととしか去年の公演のDVDと、
あまりプログラムは変わってなかったと思うなぁ・・・目新しさはなかった。
一番最初に「カルメン」やるのもまんまだったし、
色ごとに演出が変わるのも同じ。っていう。

でも生で見るとやっぱり違うものだね・・「いえーー! ひゅー!」とか言って
いちいちライブハウスみたいに盛り上がっちゃってさ。
「ひゅー」とか言うのが正しいのかは知らんが。
最後はスタンディング・オベーションでしたヽ(^∀^)ノ

しかも、石川直が最初のカルメンでスネアを叩いてるの見て
「この人、ここまでくるのに相当がんばったんだろうなあ・・・」とか思うと、
同じ日本人としてちょっと感動してみたり。
私もパーカッショニストだけに・・。ヘタクソ極まりないけど。

このブラストの前身が、DCIというアメリカのマーチングの大会みたいなので
優勝したのが始まり
ってパンフに書いてあったけど、
DCIのビデオ、大学の時に見て「かっちょいいいーーー!!」って思ったもの。
たまに映画とかでも、アメフトの途中にやったりしてるの見たことある人も
いるんじゃないかな。映画になった「ドラムライン」ってまさにそれ!
私は見に行っていたく感動したよ!

ドラムライン オフィシャルサイト

この主演のニック・キャノンって実際に楽器やってる人じゃなくて、
ラッパーかなんかなんだけど、特訓して演奏してるのね。
サイコーにアッパーな(ラッパーだけに)映画です!

ここまでかっこいいことできるなら私達もやりたいぞ!!
大学時代にやってたドリル・ステージも、
こういうのをもっと見てたら熱の入れようが違ったかも! と思っちゃうな!

|

« リベンジ・オブ・ザ・シス | トップページ | 里帰り日記 »

コメント

こんにちは。いやーやっとここにたどりつきました!
かわいらしいほのぼのフレームで和みます。

そういえばこの前の授業早退してましたね。
早退してブラスト観に行って何も支障ないと思いますよ。
ここを見る限り既にたみさん実践してらっしゃっるし。

石川さんがいわく、日本人の国民性にブラスバンドってすごく合っていると。確かに結構みんなやったことありますよね。私も打楽器にはあこがれました。トランペットはちょびっとやったのですが続かず、、、
一流になるには何でも忍耐がいりますよね。あと才能と。

また来まーす

投稿: hana | 2005/08/03 12:21

ちょいとー!
ブラストの頭はボレロですよ。
いやーでもすばらしかったね。
側転くらいできるようになんなきゃね

投稿: あや | 2005/08/03 18:29

>hanaちゃん

ありがとうー&いらっしゃい!
hanaちゃんのミクシーも探し当てられるといいんだけど(o^-')b
今度またトライしてみまーす!

そうだよね、楽器やってたって言ってたもんね!
楽器やってたことがある人は見たらさらにその難易度が見て取れるはず!やったことない人もきっと楽しめるショーではあると思うんだけど!

あとは私も真面目ブログを書いてみないとかしら・・
なんて思ってはいるんだけど、「書く」ということは
どういう形にしろ一生続けられるといいなと思ってます!
お互いに頑張ろうねぇーー!!

hanaちゃんはしかもこれから就職だから
楽しみですね! うん!

>あや

うぃーっす! ブラスト最高だったね!
全てはアンタのおかげ☆ ありがとね!
ちなみに「ボレロ」だね(笑) ご指摘ありがとう!

側転くらいは確かにブラストの基本なんだろうけど、
いまからケビン山崎にお世話になっても間に合うかね・・?

投稿: たみ | 2005/08/04 10:20

たみさん、こんにちわ!
ブログ、初カキコです~。
blast!よかったみたいですね。たみさんってパーカッショニスト??ブラバン出身者なのかしら?
私も一応楽器を弾くのでなんだかうれしーです。
また編集会議で会いましょう!!!

投稿: かな | 2005/08/04 12:36

>かなさん

お返事おそくなりました!!
そうなんですよ、中学から大学までずっと吹奏楽やってました!
パーカッショニストってほど上手でもないんですけど、
いまでも楽器はぼちぼち続けているんデス!
かなさんも「道玄坂カルテット」読みむところ、
もしかしてオケとかやっていたとか?!

楽器をやることもそうですけど、
私は楽器を一緒にやっている仲間にあうことが
ストレス発散にもなっているので、
いましばらく楽器から離れちゃってるんですが、
そういう環境が恋しくてなりません。
(始まっちゃうとめんどくさいこと多いんですけどね!)

というわけでまた編集会議にてーー☆

投稿: たみ | 2005/08/07 12:36

8/6(土)行きました!観ました!3度目の感動。
確かに他人に説明しずらい点はいなめない。説明の途中で必ず「数年前にトニー賞とったんだよー」なんてフォローしたりしてさ。
タミも・・・大学時代にドリルの充実感を感じてなかった人をまた一人発見。かなしーなー。私はDCIビデオと甲子園ボウルで想像上の充実感は感じてたよ。「うまくいったら、こんな感動・・・!」みたいな。
blast!公演は、正直去年の方がキメとかミセ観がばりっとしてて気持ちよかったけど、今年はなんか楽しい!ってイメージを受けたよ。3年目の余裕かな。しかし公演の最中、後席の中高生らしき男子3名が終わるまで「すっげー!まじかよー!すっげーよ!うぉぉぉー!」の連続でちょっと耳が痛い29歳でした。

投稿: いっつぁん | 2005/08/08 23:25

そうかそうか、いっちゃんもとうとう行ってきたんだね!!
3年目とは負けますなー。私は初めて生で見れたことだけで感動!!

ちなみに言葉足らずでごめんなんだけど、
大学時代のドリル、けっして満足してなかったわけじゃないんだよ!
ドリルステージは大好きでした!

でも、当時はただ楽しんでただけで、私には引き出しが少なかったなって思ったの。
いっちゃんみたいにあの頃からいろんなものに触れて、
感動を得ていたら、もっともっとすばらしいステージを提供することが
できたんじゃないかーっていう思いが今回ブラストを見て沸いたんだー。
DCIのビデオとかは見て感動してたけど、
生のステージを見る機会が学生時代の私にはなかったから
そういう機会を作らなかったことに後悔してるっていう、まさに不勉強な自分にカツを入れたってワケ!

にしてもそんなに大興奮の中高生がいたんだぁ。
私もその中高生さながら「すっげ!」とか「あれ見てよ」とか
散々言いまくってたけど・・
うちらも年老いた今、あんなステージができるでしょうか・・・
あんな形じゃなくても、感動できるステージを提供したいね!
そしてそんな機会を早く作りましょーー☆

投稿: たみ | 2005/08/09 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71295/5274207

この記事へのトラックバック一覧です: Blast!:

« リベンジ・オブ・ザ・シス | トップページ | 里帰り日記 »