« ル・パンバー・ラ・ヴァン日比谷店 | トップページ | ジンギスカン »

2005/10/29

私も忘れっぽいんだけど・・・

今日は、久々に友達と映画へ!

wank1 「私の頭の中の消しゴム」を見に。
今回は、当日席を予約して見に行ったから、アタフタすることなく落ち着いて見れた☆

しかし・・・ あの映画はズルイ。
ほんと、ズルイわーー・・・
絶対、泣かないわけないもの。あの設定で。
「またずいぶんとドジな女の子だね」とか思ってたら大間違い! 彼女は「若年性アルツハイマー」にかかっていた・・・という設定なんだから。彼女が自分のことを忘れても、どんなに病気が進行しても、果てしなく愛し続ける男を演じたウソンにもう夢中。止めらんないよ。←なにが

しかも、必ず泣く。

って分かってて見に行くことほど不毛なこともないんだけど、 なんだろうね、普段泣くこともなくなった乾いた20代後半の女が二人、 感動を求めてやってまいりましたよ。的なテンションで臨んだフシはあったね。

しかも、主役のチョン・ウソンがもーーーこれでもかってくらい「あまーい(SPW・糸田ばりに)」わけで、これもこの映画にのめりこんだ理由のひとつ。
「最後の韓流スター」とか「本物の韓流スター」なんて使い古されたフレーズで紹介されてた彼だけど、「ヤツは本物かもしれないね」なんて最後にゃマスコミに踊らされまくった女子2名が・・・ってことになるほど、彼は魅力の宝庫でして。でも、ボサボサ髪に、無精ヒゲ時限定。ってことで。
なんだか来日したとき、ヒゲは剃ってるわ、髪は切ってるわで、ツルッ! としちゃってさ。色気の「い」の字もなくなっちゃってたもんで・・・

そして妻役のソン・イェジンのまたかわいいこと・・・。確か、彼女って、「四月の雪」って映画に、ヨン様と出てる人なんだよね・・・。とってもピュアなイメージの女子です。 韓国の女優さんってとてもさっぱりした顔の子が多いんだけど、なんか懐かしいような気持ちになるんだよね。しかも、実際はどうかわかんないけど、あのスレてない感じがまた。なんともいいよね。

さて、そんな必泣の映画を見る前に、まずは腹ごしらえ。と、
ずーっと気になっていた「ピエール・マルコリーニ」のパフェを食べに行くことに。
pm2 チョコレートショップのほうはめちゃ込みで、外に人があふれかえっていたので、となりのアイスクリームショップへ入ることに。マルコリーニは、お店が左右に分かれていて、左がチョコレートショップ、右がアイスクリームショップになっていて、上のカフェで食べれるメニューも別とのこと。

そして、さっそく私たちが頼んだのが、この2種!
秋の味覚、マロンパフェと、チョコレートケーキ アイスクリームサンド チョコレートソースがけ。というチョコレート好きにはたまらないチョコ三昧のスイーツ。

pm1 しっかし、私もいとも簡単に「ダイエット」って言葉を失念するよね。 こんな意味で忘れっぽいアタシのことも、ウソンは愛してはくれないだろうかねぇー。。 なんて思った初秋でした。結局のところ、食欲の秋、始動! ってなことになりそうだね。えへ。

|

« ル・パンバー・ラ・ヴァン日比谷店 | トップページ | ジンギスカン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71295/6764555

この記事へのトラックバック一覧です: 私も忘れっぽいんだけど・・・:

« ル・パンバー・ラ・ヴァン日比谷店 | トップページ | ジンギスカン »