« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

ギオン★ライフ

最近気づいたんだけど、私は擬音を使って話すことが多いみたい。 「そこをガリッとやると、ペロッと出てくるから、そしたらシャシャッと印刷しといてよ」みたいな。 たいてい「・・・ハ? どこをどう・・え??」とか言わ れちゃうんだけど、 一緒に仕事するのが長くなると、なんとなく分かってくるみたいで、 最近聞き直される回数減ってくるんだよね。

他は、「ちょいとズルッと行って来るわ。(昼飯を食べてくる)」とか、 「チョチョチョッとすると分かるよ(パソコンでちょっとその辺をいじると)」とかさ。 だんだん言ってると、夢中になってきちゃって、 「チョチョチョチョッと、ほら、チョチョチョチョチョチョチョッとね!」とか 言いたいだけだろ。みたいなことになってきちゃうんだけどね。

ちなみに「ガリッ」は大体、「クリック」のことで、前の会社でも、上司が真似して「ガリッとやって」って 使ってたんだよね。で、「じゃ、そこ、ガリガリッとしてもらえます?」とか言ったら 「ガリガリッ!」とか言いながら(まぁ言う必要ゼロだったけど)ダブルクリックをしてくれたときに、 「ダブルクリック、これで通じたー!!」なんて小さなシンクロに心躍ったりしてたわけ。

そこで新たに今、会社の同僚と多用してるのが「ペロッと」。 なんかもう気の抜けたこの音。 それがもうナナメ向かいの女子の琴線に触れたらしく、 「じゃ、ホワイトボードにペロッと書いておきまーす!」とか「じゃまた明日、ペロッとね!」とかまー、 さまざまな場面でのニーズに対応できる仕組みになってるわけよ。 よければ使ってみて! 使い方はニュアンスで。なんか楽しい気分になれちゃうからさ。

で、考えてみたんだけど、うちの母親も、青森は津軽の出。ということもあるのか、 大体言葉が短くて、「これは擬音なのかな? 方言?」と思う言葉を使うことが多いんだよね。 「ヤッと」(急いで!)、「ズルガル」(なにかを引きずって歩いてること)、 「まやっと(のんびり)」、「ばやばや(うろうろしてる様子)」とかさ。 「各種、音、取り揃えております。」的な感覚だよ。 意味を教わった覚えはないのに、なんか生活に染み付いてるから意味分かるもんね、大体。

====================================================
母の津軽弁における、各種音、使用例↓
----------------------------------------------------
「これがらモヂ作るはんで、買い物さ行ってこい編」
「これから餅つくるから、買い物に行ってきて編」
-----------------------------------------------------
やーぃやぃや、どんだんだっきゃ! おめだづ!
(あらあら、 なにしてるの、あんたたち!)

まやっとさねんで、ヤッと行ってこねが!!
のんびりしてないで、早く行ってきなさい!)

んでねばっきゃ、は、日、暮れでまぃぇ!
(そうじゃなきゃ、もう、日が暮れちゃうよ!

あしぃ! ズルガルってらよ! めぐせ!
(ズボンのスソ!(面倒だから大体、足) ずるずる引きずってるよ。 みっともない!) 

アンタだぢ、米買ってこねばだっきゃ、モヂつくらいねぃぇ。
(アンタたちがもち米買ってこなきゃ、餅が作れないよ)

ばやばやさねんで、はやぐ行ってこぃ!
うろうろしてないで、早く行っておいで!
====================================================

うーん、他の津軽ネイティブ・トーカーたちも、こんな使い方するんだろうか。。 母のザツな言い方だけはまねたくない!って思ってたけど、 すっかり継承してるなーー・・・なんて実感せざるを得ない私でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/11/29

手紙は簡潔に!

とは言うけど、これはどうなのよ!
letter これは、お手伝いで出てるバンドの方から届いた手紙。 演奏会のCDと共に、一通手紙のようなものが入っていたので、 「この間のCDです。よろしく」くらい書いてるのかな? って思って開けたらこの始末。開いて爆笑ですよ。

12/22 忘年会  以上。 っていう。


アレ(゚Д゚)!? どこで? 何時から? で、いくら?  ・・・みたいな! この手紙は、肝心なことは一切アタシに教えてくれなかったよ。
しかも、ピンクの蛍光ペン! 超テキトーー!!(笑

このお手伝いしているバンドは、平均年齢40歳くらいの歴史の長いバンドで、私も、57歳のオジサンに誘われて参加。小田急系列の吹奏楽団として発足当初は活動していたようなんだけど、年々メンバーが減り、今では外部の方々のほうが多く参加している一般バンドみたいなところ。

私も3年前からこのバンドにお世話になり、演奏会に出させてもらっているんだけど、 この手紙をくれたオジサン(58歳)は、同じパーカッションの方で、一番お世話になってる、 とってもあったかくてよい方。 でも、普段から短い上に、質問なのか、報告なのかよく分からないメールが届くんだよね。

「寒いけど元気」 
「パソコンもっている」 

とかさ。質問? だよね。きっと。それとも報告したいのかな。・・・どっちだろ。 もしや「?」の出し方わかんないのかな? とかまぁなっちゃうわけですよ。 ただ、そこを「これは報告なんだ」って思いながら読むとまた笑えちゃったりして、 たまに届くとひそかに楽しんじゃってる私がいるんだよね。
だけに、このトドメの手紙がもう笑えて仕方なくて。 ほんと、彼の人柄がとっても好きで、このバンドとは長い付き合いをしていこう。 って思えます。心から。


余談ですが、うちの父親は、携帯で「パ」の出し方が分からなかったらしく、

ハ ゚ハ ゚ です。

って、「ハ」と「 ゚」を分けて送ってきたことあったけどね。

逆に打ちにきーよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/26

ホットサンド in 南浦和

かねてより友達から勧められていたホットサンドを食べに、南浦和まで行ってきました! 前日から泊り込みで、万全の体制で臨んだアタシの食い気に勝るものはいまのところないね。うん。

psw

まずなによりびっくりなのが、そのボリューム!! 1000円以内で、ホットサンド、サラダ、グラタン、ドリンク・・ってあーた。 元取れてるのかしら? なんて下世話なこと考えてみたりするくらい、 ナイスなセットでした。とにかく満腹。もうこれ以上無理。

一応、一緒に行った友達が、デザートセット、私はグラタンセットを頼んで、 二人で分けて食べたんだけど、どう考えてもセットのグラタンとデザートとは 思えないボリュームのそれらを見てたら、もう一気にこのお店のファンになっちゃいました。

お店は、昔の喫茶店風で、店長さんのお子さん達もテーブルで静かに宿題とかやっちゃってるような感じ。 アットホームな雰囲気で、なにしろ、はじめ入ったとき、お店に人がいなかったから 「ごめんくださーーい・・・」なんて言ったら、店長トイレからあわてて 「ハイハイ、ハイハイ、すみません、いらっしゃい!」なんてお出迎えだよ。 近所の親戚の家に来た感覚ですよ。マジで。

置いてあるものはすべてレトロ。モダンなレトロではなく、本気のレトロね。あれ? 70年代にトリップしたのかしら? 的な。でも、味は本格派。おなかもこころも大満足で帰って来ました! また行きたい!


続きを読む "ホットサンド in 南浦和"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩にへばりついて・・冬。

はい。 てぇわけで、「何も言えなくて・・夏」風なタイトルからはじめてみましたが、 やっと待望の岩盤浴に行ってきました。(実際はへばりつかずに済みます)
spa 私が行ったのは、スパジアム上野店。というところだったんだけど、 いろいろ岩盤浴場を調べた中でも、リーズナブルな金額でキレイな施設。と言えばここだったので、 さっそく電話予約!! 1時間半 \2000のコースでさっそく体験! 

髪が長い人は、髪を結うゴムさえ持っていけば、あとはなにもいりませんよ。というところで、 着替えの作務衣みたいなものと、デトックス・ウォーター(バナジウム水でした)と、 ハンドタオル、バスタオルみたいなのは入り口で渡されるから、着替えたら岩盤にいざ向かうのみ。 一応、「妊娠中」だったりすると入れないので、電話予約のときに、「入れない人リスト」については 聞いてみるといいかも!

友達3人で行ったけど、1人は、汗を普段からあまりかかないらしく、 最初の15分は、一滴の汗もかかず。2回目でうっすら、3回目でやっとしっとり。という感じ。 ただ冷え性だからすぐ手足が冷える子なんだけど、その後もずーーっとぽかぽかだった!

もう一人は、最初から結構汗をかいていたんだけど、 彼女もそんなに普段から汗はかかない方。 ただ、肩こりがひどくてーなんて言ってたけど、最後には肩の痛みがない! なんて言ってました。 血行がよくなったんだろうね!

そして私・・・もう最初っから最後まで汗ダッタダラ! ヤッパリネー
ただ、ものすごいサッパリして、体中アツくてアツくて仕方なかった。 あの汗だもの・・痩せるはずですよ。うん。 ってわけで、家に帰ってからワクワクしながら体重計ってみたけど、 1グラムも変わってなくて、即座に体育座りでむせび泣いたよ。←ウソ

難点を言えば、敷いてる石が動く音がうっせーのなんの!  ちょっと軽い眠りに入りそうになる・・か・・ならない・・か・・・フニャ・・ って時に、「ザザーッ ガーーーッ ザザザーザザ」って

ギャー!! うっせー!!

ってなっちゃう。でも自分もうっさい時あるから仕方ないし。うん。 実際我慢する。って解決法しかないですよ。はい。 これから月イチくらいで行くぞー! と息巻いてるから、続けばいいなー。


続きを読む "岩にへばりついて・・冬。"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/23

笹倉ワールドに触れる。

今日は、大好きな画家さんである、 笹倉鉄平さんの原画展を見に、大手町サンケイプラザへ。

今回は、イタリア・フィレンツェで、鉄平さんの個展が開かれて、 日本でもそれを再現しましょう。というお話になったみたい。

私がこの人の絵に出会ったのが、高校生のときだから、すでに10年以上が経過してるんだなぁ・・ と感慨深く思っちゃったり。本当に、彼の絵に触れることは、私の人生の幸せのひとつだなーと思えるわけです。

最近は、シルクスクリーンの作品が減ってしまったのか、色鉛筆で描いたようなふんわりした印象の絵が多くて、シルクスクリーンの透明感がとっても好きだった私にはちょっと寂しい限り。 でも、鉄平さんの絵ヂカラは、一切私を裏切ることなくそこに存在していました。

今回は、鉄平さんが来場される時間に間に合わず、お見かけすることすらできなくて とっても残念だったんだけど、絵のすばらしさもさることながら、 鉄平さん自身がとっても素敵な方。次は絶対に逃さないようにしよ!うん。
+++ 笹倉鉄平 オフィシャルサイト+++
http://www.teppei.net/index.html

papamilano
絵画展で、「イタリア」「フィレンツェ」とか聞いてるうちに、 「なんかピザ食べたくない?」なんて話になって、 丸の内OAZOのパパミラノでお食事。 すべておいしかった!

しかし、すべてが食べ物につながってるなー・・いかんいかん。

ちなみにデザートたち。

mt



続きを読む "笹倉ワールドに触れる。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/22

金の羊でニャーっと。

今日は、夜の予定のために、一緒に仕事してる子とシフト変わったのに、 お互いに忘れて普通に出勤しちゃった。という日。

本当に申し訳なかったんだけど、その子のやさしいお心遣いにより、 予定通り、参加できることにーー。UG・・ありがとう! あれだけ楽しみにしてて、アッサリ忘れてた自分がもうバカバカしくて 笑うしかなくて・・・って一日だったよね。本当に。

ま、予定ってのは、下記の通り。って話なんだけども、 快諾してくれた彼ががむしゃらに仕事してること考えたら申し訳ない。 ってくらいのはしゃぎっぷりを見せたよ。うん。UG、ほんと重ね重ね・・

gin-com

しっかし、一緒に行った友達が教えてくれた場所だったんだけど、 激ウマ!! 肉に臭みが一切ない! レアで食べても平気だし。 これはジンギスカンにちょいと抵抗がある人でもぜんぜんイケる。 肉も厚みがあって、ジューシー。本当においしーーー!

しかも、ラム肉には「L-カルニチン」とやらが入っていて、 うまいこと脂肪燃焼してくれるらしいしね☆ あれ? カルニチン? カルチニン? どっちだろ?

なんにせよ、これは1時間待ったかいがあったってもんですよ。って話なわけ。 ほんとにメチャ混みだし、相席になっちゃったりするんだけどね。 それでも待つ、みんなの気持ちが分かるのよ。うん。 ちなみに、頼めば、待ってる間にビールとかも飲めるらしい! ナイス!
さて、火も入って、最初に野菜盛りが登場。 トーテムポールのごとく(大げさか)、もっさりと積まれた野菜をお店の人が持ってきたから、 普通に置くのかな? と思いきや、入れ物をナナメにして、 もやしを鍋にぶち込むわけよ。G(重力)を利用してね。

はい。んでそこからまたあたしらの手で野菜をこれでもか! とぶち込んで。 で、肉が来たら来たで、野菜押しのけて焼いて食って。的な。 その間、喋りまくってるから喉はどんどん渇いていくしさ。 アタシは若干、肉に夢中になりすぎて、話してた内容の記憶にばらつきがあるけども。 なにせ、全員腹いっぱい。って空気の中、「じゃ、あと3人前追加するか!」とか発言したの アタシだけだったしね。あのときのみんなの驚いた顔、忘れない。

で、ねこめし。

これがうまかった! 醤油だしみたいなのがかかったご飯に、カツオブシが載ってるだけなんだけど、 「ニャーッ!」とか言いながら、ガッツリ完食したよ。おいしかったぁー。

ただ、最後に、ジンギスカンのたれにお湯を入れて、「そば湯」みたいにして飲んでくれ。 ってお店の人に言われて飲んだんだけど、勧める意味がわかんないくらいマズかった。

このお店、札幌にもあるみたいで、のれん分けしたお店みたいね。 6人で食べて、おなかいっぱいもう無理・・な状態で、1人2,500~2,600円くらいだし。 本店だともっと安いのかな??

おなかも心も満たされて、祝日前の一夜は過ぎてゆくのでしたーー。 また行こう! 今度こそ忘れないから!


続きを読む "金の羊でニャーっと。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/19

冬のスタバ

また今年も、スタバに冬限定メニューがやってきましたっ!

ちなみに最近の私のお気に入りのサイドメニューは、「マカロン」! またかよ! って思われそうだけど、この鮮やかな彩りを見て!!  吸い込まれそうですよ。ほんとに。 普通に「マカロン」と呼ばれるものの大きさに比べたら、その2.5倍くらいはあるんだけど、 味もしっかりしてたよ。
アメリカ=デカイ=大味。って方程式は、このマカロンに関しては成り立たず。安心して食して正解! 他のサイドメニューの中では、もちろん、 王道のチョコレート・チャンク・スコーンははずせないわけだけど、 ホワイト・マカデミアナッツ・クッキーもイイ!

stbwinter そして、冬のドリンクも豊富! 今回は、クレームブリュレラテ。とやらをいただくことに。 これは、発売初日に行ったこともあり、最初に試飲させてくれて、 「甘いですね☆」って言ったら「甘さは調節できますよ!」との事だったので、 「甘さ控えめ」で注文。それでもちょいと甘かったけど、疲れたときとか、 なにか甘いものが・・って思ったときに、これ一杯でなんとかイケそうな気がしたよ。

あと、普段から牛乳は低脂肪しか飲まない関係で、毎回低脂肪乳で作ってもらってんだけど、 「ツーパーセント、ラテぇ!」とか「ツーパ入ります!」とか言われるあたり、脂肪分2%なんだろうね。 すっげーどうでもいい情報だけど。

あと、個人的にソイラテはちょっとナシでした。きっとおいしく感じる人もいるんだろうケドね! うん。でもアタシは。 あとは、チャイ。これもナシだった・・なんか入ってる香辛料が私の苦手な感じなんだな。 これもファンが多いだけになんとも言いがたいけど。そう、好みの問題だよね。 ま、アタシの好み知ったからどう。ってこともないだろうけども。

ちなみに、クリスマスって時期が、(過ごし方の悲喜は別として)他のどの季節よりも大好物なアタシとしては、 この季節の音楽、グッズ、イルミネーションすべてに「萌えー」なわけだけども、 スタバにも「クリスマス限定」のタンブラーなんかがお目見えしちゃって、 目移りするする! もー!

でも買わないけど!←どないやねん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

救世主 ポール&ジョー

PaJ 今年は、早いうちから手荒れ対策に踏み切ることにした。 毎年、手荒れがひどくなり、ここ何年かはハンドクリームなしには冬を乗り切ることができなかったから。

もともと、私はあまり手になにかを塗るのが好きでないので、かなりいろんなクリームを試したんだけど、 全部、「うるおい」ってよりも、「べたつき」って感じになっちゃって、けっきょく気持ち悪くなって塗るのやめちゃったり。ところが、今年はとってもよいものに出会えました。

PAUL & JOE ハンドクリーム ¥1890

割高感はあったものの、これがとってもいい。 匂いは柑橘系(言ってしまえばミカン)なのだが、手のべたつきがまずない。 これをマッサージしながら塗りこめば、入れもののカワイさもあいまって、 なんだか気分まであがってくるから不思議。 私の冬を救ってくれい!

続きを読む "救世主 ポール&ジョー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/18

いまさら ハロウィン。

私の友達が、ハロウィーンでした仮装。
「貞子」。

貞子といえば、なぜか私の誕生日に「リング」を見た過去が・・
なぜ誕生日に・・という心の叫びは届かぬまま・・

sadako4 ちなみに、この仮装のまま、電車に乗り、東京駅を練り歩いたらしい。「お練り」かよ! さすが、外国でも「The Ring」が映画化されただけあって、 東京駅にいた外国の方々に、 「OH!! サダーコー」的なことを言われたらしい。うっはー。こわ!

そしてわざわざ、前日にリハをしたらしく、テレビから出てくるところもそれらしく撮影。 っとに怖いよーーーえーん。

寒い冬に出したかなかったが・・それにしても、シャレの分かる会社だよね。
sadako3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/16

ワシントンD.C.

ちょいと◇$#%☆!!みんな知ってた?! まぁ唐突な質問だったけども、落ち着いて聞いとくれよ。

実はこないだ、会社で、留学してた時の話になって、 「どこに留学してたんですか?」言われたから、「ワシントン州だよ」って言ったら、 「ワシントン? ってことは東海岸?」って言われてさ。 「ワシントンは、ワシントンでも、西海岸のワシントン州だよ。」って言ったら 「へー、それってワシントンD.Cとは、どう違うんですかね?」って言われてさ。

どう違う・・ マヌケな質問だけど、深いね。深いよ。 しかも、考えたことないや。と思って。なんか関連あるのかな? それも知らないよ。 ってことで、「うーん・・・うーん・・」ってこの世の終わりみたいに悩んでたら、 「あ・・もういいです」って隣の男に言われてさ。 アタシと一緒に仕事してるUGってあだ名の男子なんだけど、ヤツの最近の口癖が「あ、いいです」とか「もういいです」とか「やっぱいいです」なわけよ。

たとえば、

-------------------------------------------------------
アタシ「ねえ、聞いて、いま面白いギャグ思いつい・・・ちょっと! 聞いてる? ねえ、聞きたい?」
UG「いや、いいです」

-------------------------------------------------------
アタシ「ね、今日、お昼何食べたの?」
UG「興味あります?」
アタシ「ないけど」
UG「・・・じゃ、いいです」

-------------------------------------------------------
UG「すいません、ちょっと聞いてい・・・」
アタシ「(白目むきながら)なに?」
UG「やっぱいいです。」

-------------------------------------------------------
みたいなさ。根性足りないわけ!
まったくあいつはしょうもないよ。 ←お前がな!

それはそうと、「じゃあ、ワシントンD.C.ってなに州にあるんですかねえ?」なんて話してて、 「ペンシルバニア州? バージニア州かな?」とか東海岸で思いつくあたりを出してたら、後ろから、

「ワシントンD.Cは、州じゃないですよ。
ワシントンD.Cって地区です」


って言われて目からウロコ!

知ってた? アタシはこの年になるまで恥ずかしながら知らずに生きてきたってわけよ。

ワシントンD.C.についての説明
http://www.withe.ne.jp/~taihaku/geography/column/washingtondc.html

なるほどねー。ワシントン特別区、で、ワシントンD.C.。と!
ひとつ賢くなれたよ。しかも、その後、「UGのせいで恥かいたよ!」とか言ったりして嫌がらせしたりしてたんだけどもさ。

しかも、会社でまた、「レボリューション」って言葉が出たわけよ。きっかけ忘れたけど。 したら「レボリューションって、革命ですよね」って言われたから、 「いや、分かり始めた マイレボシューションだよ」とか答えたら、「は?」って言われてさ。 ミサトはどうやらジェネレーション・ギャップがあったようだよ。ミサトはアタシの青春なのに! 「さ・よ な・ら sweet pain 頬杖ついていた 夜は昨日で 終わ・るよ♪」だよ。 sweet painだよ。甘い痛みだよ。

で、「革命」と来たから、「じゃ、反乱軍のことなんて言うんだっけ?」って言ったら 「反乱軍? え? なにつながりですか? それ。」とか言われながらも、
「確かねー・・トランジスタって言うんだよ」って得意げに答えたら、

・・・ラジオですか?」とか言われてさ。
あれ? よくよく考えたらラジオみたいになっちゃったね。とか思ってたら、うしろからまた
「レジスタンスですよ」言われて「あー!」ってなってさ。もーホントに毎回惜しいよね。とか言ったりして。かすってもいないくせに。

だもんで、アタシと会話してると疲れるだろうなーってUG(ウルトラ・ゲイ←コラ)見ながらいつも思うわけだよ。

でも、なによりの救いは、その隣の席のUGも私も、お互いに自分が前に話したことを覚えてない。ってことが幸いしててさ。向かいの席の子に「それ、前も聞いてたよ」とか「それ、前も話したじゃん」とか言われても、お互いにまったく記憶にないところがまたよくてさ。会話も毎回同じ話題で弾む弾む。 いいかどうかは別にしても、お互い傷つかずに済んでいいよね。「この人・・私の話覚えてないんだ・・」とかならないわけだから。

とりあえず、これからは、もうちょっと相手に関心を持ってみようかと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/14

パン道楽

今日は、仙台にお嫁に行ったのに、 毎月のように帰省している大学時代の友達に会うために渋谷へ!

アタシ、渋谷ってそんなに行かないんだよね。なんか怖いってかさ。 不必要に人に謝っちゃったりしてさ。 「あ、すいません」「あ、すいません」なんつって。 だけど待ち合わせだってんだから、仕方ないよ。

とりあえず、予想よりも早く会社が終わっちゃったもんだからブラリと東急東横にある、ディーン&デルーカへ。ここは、食のセレクト・ショップみたいなところで、このお店が選んだえりすぐりの食材がおいてあるところ。

DAD

こじゃれた外観に惹かれて入ってみたら、なんとそこで売っているのは、メゾン・カイザーのクロワッサン!! 前から興味はあったけど、ここにも売ってたのかーーなんてもう迷いなしに購入! なにせ、メゾン・カイザーと言えば、パリの新聞「フィガロ」でパリNO.1に輝いた「クロワッサン」がっっ!!  1度は味わってみたいよね。パリっ娘をうならせたそいつを。

で、クロワッサンだけに留まらず、季節限定(こういうフレーズ、弱いね)の「マロンのペストリー」も購入。 あとは、大好きなチョコレートを全種類、大人買い。と。 家に持って帰ってからもクロワッサンは、パリッとしてこれ、おいしかったー。ホント。 甘さもちょうどよくて、酸味とかがないの。パンってある程度酸味みたいなもの感じるけどね。 これはそれがなかった。ま、もちろん、マロンのほうもガッチリいただいたけど、これもまたおいしかった!! しっとりとパリパリ具合が絶妙だったよ。 デニッシュ好きの私でも「星ィ、みっつですっっ!!」ってマチャアキばりに叫びだしそうになった逸品でした。

続きを読む "パン道楽"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/05

吹奏楽界の重鎮 フロリダに死す。

吹奏楽をやったことのない人には、馴染みの薄い人かもしれないのだけど、 吹奏楽の作曲家として多くの人に知られる、アルフレッド・リード氏が9月に亡くなった。

ご逝去のお知らせ
http://www.api-inc.co.jp/REED/R-Reed.html

ガレリアウインドオーケストラ特別演奏会 IN MEMORIAM -追悼 アルフレッド・リード個展 http://sound.jp/galleriawind/topics_html/concertreed.html

AReed 亡くなった当初から存じ上げてはいたのだけど、こうして記事にするまでには至らなかったのよね。 ただ、この間、また演奏会の話をすることがあって、そのときに「A・リードの曲をやろうか」という 話がでて、そのときにフッと思い出しちゃって。

私が吹奏楽を始めたのが中学生の時。ソフトボール部の勧誘(なぜかキャッチャー)と、吹奏楽部の勧誘にあっていて、どちらにするか悩んだ挙句、音楽のほうを選んだ。中学校の頃って、吹奏楽部というと文化部=暗い。みたいなイメージがあって、結構オタクっぽい扱いを受けてたような気がする。

でも、内情は結構アツくて、最近、所ジョージの「笑ってコラえて」なんかでもヒューチャーされるようになったけど、コンクールに向かって毎日泣いて笑ってけんかして・・本当に青春してたなぁ・・って。高校に入ってからも吹奏楽続けてたけど、生徒会の活動が楽しくなっちゃって、あまり参加できなくなっちゃってさ。それでもまた大学でも吹奏楽を・・そんな中で、必ず遭遇するのが、A・リードの曲。

「アルメニアン・ダンス パート1」、「音楽祭のプレリュード」、「エル・カミーノ・レアル」なんかを私も学生時代に演奏して、曲はカッコいいんだけど、変拍子がかなり入るから演奏するのはいつも一苦労で。でも、それを克服したときがまた良くてねー。実は大学4年のときに、OBの先輩のご好意で、リードと握手したことがあるんだ。

「なんだかカーネル・サンダース(ケンタッキーの)に似てるなー」と思いながら握手したの覚えてる。丸々としててさ。「おっこらしょ」なんて立ち上がって。通訳の人に説明されてこっちにやってきて「ナイストゥミーチュー」的な挨拶を交わして。こっちは黒いスーツに赤いネクタイ(うちの部の正装だった)だったから「なんだ? コイツら」とか思われたに違いないんだけどさ。でもとってもやさしかった。
「アナタの曲、演奏してます!」とかいろいろ話したかったけど、大物を目の前にして、なにも言えなくなっちゃって。あとはそのOBの方の後ろで、でくのぼうのように立ち尽くして終了。生きている間に会えてよかった。

こんなことがあったからというわけじゃないけど、来年の演奏会、リードやりたいなあー。 できれば「アルメニアン」。ちなみにこの人、私ちょっとコープランドと混じるんだよね。 「アパラチアの春」とか「ロデオ」、「エル・サロン・メヒコ」とかってどっちだっけ? ってなっちゃう。 コープランドもやりたいなー。でも著作権料がハンパじゃないか?

リード氏のご冥福を、お祈りします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/11/04

銀座における、チャイニーズシアター

pe ってなことで、皆さんご存知かしら??
有楽町の日比谷シャンテの前に、ハリウッドのチャイニーズシアターばりの手形コーナーがあるのを・・

会社の子が、「こないだオバちゃんたちが群がってるところがあったから、 見てみたらヨン様の手形があったの!!」と 興奮冷めやらぬ表情で話していたので、 今回「じゃあ、撮影に行こう!!」ということになり、行ってきましたよ。

他の手形が、銀色なのに、なぜか、ヨン様の手形は「金色」。 もしかしたら最近のものだからかな? よくよく見てみたら、ヨン様のとなりにあった「トム・クルーズ」の手形も金色だったしね。 どう考えても何年も更新されてない感じがあるわけ。 だって、他の手形は、西田敏行、丹波哲郎、八千草薫、勝新太郎・・って面々だよ。 私の大好きな「浜木綿子」やら「フランキー堺」もあってさ。 どちらも亡くなってるわけだし、どう考えても時代違うよね。

hamayuuhuranki

しかも、ここは二人並んで。 あら・・!? ヨッチャンはぁ~?!。・゚゚・o(≧д≦)o・゚゚・。
ちなみに、マッチって  ”MATCHY”  なんだね、正式には(笑

m-t

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/03

最初にして最後のベストアルバム~デスチャ編

DC デスチャのファーストベストアルバム、ゲット!!

私が買ったのは、初回限定版。なんと、DVD付き(プロモ)で、\3,150ってんだからお買い得でしょ!ていうか、お買い得じゃないって言われても、絶対買ってたんだけどさ。

特典のDVDには8曲も入っていて、初期の頃の彼女たちも見ることができて楽しい。その後、やっぱり洗練されていく様子とかも垣間見れて、いろんな見方のできるよいアルバムになってます!デスチャ好きなら、ってかデスチャ好きじゃなくても、1枚持ってて損はない! って言える品かな。

ちなみに、最近入った会社の同僚に、

「見て! 見て! デスチャのアルバム買っちゃった。テヘ」って言ったら

「え? 誰? 誰チャンですか?」言われてさ。


…誰チャン? いや、 誰チャンでもないから! っていうね。
アタシもたいがい耳遠いけど、ヤツも相当トンチンカンチンな野郎だよね。

解散なんて信じたくないんだけど、本当に現実になってしまったね。 これまでメンバーを何度も変えてきて、最終的にこの3人で解散。 一番いい形で終われてよかったのかもしれないね。 でも本当に寂しい・・・4月のコンサート行っておいてよかった。と心から思う私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/02

ジンギスカン

今日は、久々に元同僚と会って、最近話題のジンギスカンへ!

gin

私の地元、盛岡の小岩井農場でも食べたことがあって、 そんなに抵抗なく食べれるつもりだったんだけど、意外と肉の特徴的なニオイが残ってた気がした。
インドカレー屋さんで「水牛のカレー」食べたときは、水牛のニオイのキツさに皿ひっくり返して帰りそうになったけど、ここはそこまでの強烈さはなし。むしろ、「これがラムの特徴なんだなー」とわき目も振らず食べ続けちゃった・・・・。おいしかった!!

gin-mgin-e
なによりも、店の内装のザックリ感がよかったね。あー、そっかー、そうだね、確かに北海道なんだろうね。白樺だね・・木彫りのフクロウもいるね。うん。がんばったね。。。とかいちいち納得してあげたくなる感じね。

でも、味はおいしかたよ!煙い感じがまた本物っぽくてよかったし。 しかし、話した話が深刻なんだけど面白くて。 たまごに日付書いちゃう彼氏の話とか、かなり面白かった・・ またたくさん話そうねーーー☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »