« 手紙は簡潔に! | トップページ | 遅れてきたトゥエンティワン、改め、「24」ブーム。 »

2005/11/30

ギオン★ライフ

最近気づいたんだけど、私は擬音を使って話すことが多いみたい。 「そこをガリッとやると、ペロッと出てくるから、そしたらシャシャッと印刷しといてよ」みたいな。 たいてい「・・・ハ? どこをどう・・え??」とか言わ れちゃうんだけど、 一緒に仕事するのが長くなると、なんとなく分かってくるみたいで、 最近聞き直される回数減ってくるんだよね。

他は、「ちょいとズルッと行って来るわ。(昼飯を食べてくる)」とか、 「チョチョチョッとすると分かるよ(パソコンでちょっとその辺をいじると)」とかさ。 だんだん言ってると、夢中になってきちゃって、 「チョチョチョチョッと、ほら、チョチョチョチョチョチョチョッとね!」とか 言いたいだけだろ。みたいなことになってきちゃうんだけどね。

ちなみに「ガリッ」は大体、「クリック」のことで、前の会社でも、上司が真似して「ガリッとやって」って 使ってたんだよね。で、「じゃ、そこ、ガリガリッとしてもらえます?」とか言ったら 「ガリガリッ!」とか言いながら(まぁ言う必要ゼロだったけど)ダブルクリックをしてくれたときに、 「ダブルクリック、これで通じたー!!」なんて小さなシンクロに心躍ったりしてたわけ。

そこで新たに今、会社の同僚と多用してるのが「ペロッと」。 なんかもう気の抜けたこの音。 それがもうナナメ向かいの女子の琴線に触れたらしく、 「じゃ、ホワイトボードにペロッと書いておきまーす!」とか「じゃまた明日、ペロッとね!」とかまー、 さまざまな場面でのニーズに対応できる仕組みになってるわけよ。 よければ使ってみて! 使い方はニュアンスで。なんか楽しい気分になれちゃうからさ。

で、考えてみたんだけど、うちの母親も、青森は津軽の出。ということもあるのか、 大体言葉が短くて、「これは擬音なのかな? 方言?」と思う言葉を使うことが多いんだよね。 「ヤッと」(急いで!)、「ズルガル」(なにかを引きずって歩いてること)、 「まやっと(のんびり)」、「ばやばや(うろうろしてる様子)」とかさ。 「各種、音、取り揃えております。」的な感覚だよ。 意味を教わった覚えはないのに、なんか生活に染み付いてるから意味分かるもんね、大体。

====================================================
母の津軽弁における、各種音、使用例↓
----------------------------------------------------
「これがらモヂ作るはんで、買い物さ行ってこい編」
「これから餅つくるから、買い物に行ってきて編」
-----------------------------------------------------
やーぃやぃや、どんだんだっきゃ! おめだづ!
(あらあら、 なにしてるの、あんたたち!)

まやっとさねんで、ヤッと行ってこねが!!
のんびりしてないで、早く行ってきなさい!)

んでねばっきゃ、は、日、暮れでまぃぇ!
(そうじゃなきゃ、もう、日が暮れちゃうよ!

あしぃ! ズルガルってらよ! めぐせ!
(ズボンのスソ!(面倒だから大体、足) ずるずる引きずってるよ。 みっともない!) 

アンタだぢ、米買ってこねばだっきゃ、モヂつくらいねぃぇ。
(アンタたちがもち米買ってこなきゃ、餅が作れないよ)

ばやばやさねんで、はやぐ行ってこぃ!
うろうろしてないで、早く行っておいで!
====================================================

うーん、他の津軽ネイティブ・トーカーたちも、こんな使い方するんだろうか。。 母のザツな言い方だけはまねたくない!って思ってたけど、 すっかり継承してるなーー・・・なんて実感せざるを得ない私でした。

|

« 手紙は簡潔に! | トップページ | 遅れてきたトゥエンティワン、改め、「24」ブーム。 »

コメント

コレが聞きたかったのよ~たみ!!
やっぱし、オクニコトバはたみの持ち味の一つだね。
欲を言えば、生の音を聞きたいところだけど。
こんど会ったときにぜひ聞かせてね。

しかも、ブログの文章もうまくなってるね。確実に。
私はたまに来て、ブログほとんど全部読んでいるけど、
「月刊たみ」時代より格段に上だね。スバラシイ。

投稿: いっつぁん | 2005/12/01 14:41

うひょー津軽弁
バイリンガルうらやましいなぁ
東京育ちなので何もないんだけど
親・親戚は関西出身なのと四国や九州弁が好きなので
巻き舌なのに方言がでてどこの人かよく不思議がられます
そんな私のあこがれは北の言葉なの。。
言葉が違う。これは大事に守らないといけない言語文化だね

投稿: Sally | 2005/12/02 00:29

こんどマジで録音させてください。
実家に帰ったときには必ず!!
ほんとに方言の勉強してるの。
北は北海道から南は九州まで
今のところ青森あたりの言葉を聞く機会
なかなかないので、ゼヒゼヒm(_ _)m!!

投稿: みわ | 2005/12/02 00:47

>いっちゃん

いやー、とにかくあたしゃ、最近言葉がザツいよ。
今度飲みながらまたあたしのザツな言葉たちを楽しんでおくれ。
いやー腹抱えて笑いたい! ぜひ飲もう!

ちなみにお褒めの言葉、ありがとう!! 
でもね、学校の友人達のブログとか見てるとすごいよ。
やっぱりみんな言葉選びがうまいなーとか圧倒されたるし。
でも「月刊たみ」は自分自身、爆笑しながら書いてたのよ。
なに書いてても楽しくなかった時期もあって、
あの時みたいに書きたいって何度も思ったりしてたんだよ。
(っていっぱしの執筆家ぶってるけどさ!)
だから純粋に嬉しかった!

読んでくれてる友達からの「読んだよー、ウケた!」の一言が
欲しくて書いてるよ。あたし。これからもがんばります。エヘ


>Sallyさん

コメントありがとうございます!!

Sallyさん、思いっきり東京ど真ん中ですもんね。
でも、Sallyさんとは逆に、私は高校生の時に、
どうしても関西に行きたい。と親に真剣に話したことがあるんです。

北の言葉と文化しか知らない私にとって、
関西って未知の世界だったんですよね。
だから、その中に飛び込んでみたかった。
ただ、こうやって年齢が進むと、やっぱり自分の生まれ育った土地を
大切にしたいっていう気持ちがすごく強くなりますね。うん。

いま私が興味あるのは、九州の言葉ですねー。
友人が「なにしとったと?」とか言ったりしてるのを聞くと
同姓の私でもキュンとしちゃいます☆


>みわ

お! そうだよね、さすが言語学者!
今は方言の勉強なのね。
私の言葉を聴くよりも、私のリスペクトしている
「伊奈かっぺい」さんのCDを聴いてみるととっても勉強になるよ。
私は、たまに郷愁にかられると、彼のカセットテープを聴きながら
眠りについたりするくらいだから。ほんとよく研究してるよ、あの方!
中でも、「だびよん劇場」というところでやっていたライブがオススメ!

私は青森がとにかく大好き。
私の周りを取り囲む、青森の言葉も風土も人間も全部。
周りの人に恵まれただけなのかもしれないけどね。
ただ、最近は地元青森の親戚達も標準語に近い言葉で話してるよ。
むしろ、東京に出てきた私のほうがムダになまっちゃったりさ!

ただ、残したい文化ではあるけど、悲しいかな消え行く文化でも
あるのが言語だと思うからさ。
現地の人に「アンタ、なまんなよ」とか強要できないしね。
逆に私は離れたから、使いたくて仕方ないのかもしれない(笑

なんか言葉って、中心から端にどんどん伝承していくから、
江戸のほうが一番新しい言葉を使っていて、
末端のほうは昔の言葉を使っていると聞いたことあるな。
それをね、津軽弁でも感じることがあるんだよ。
古文とかに出てくる言葉が元なんだろうなーって思うような
方言とかあるんだもの。

ってアタシのどーでもいい話はさておき、
まずは「伊奈かっぺい」をゲットだーー!! フギャー!

投稿: たみ | 2005/12/02 01:31

つーか、あにぃのメール超ウケるんだけど!!
久々に会いたいなー。
岩手行きたい行きたいと思ってもう何年経つかな・・・
来年くらい行こうかな。たみも九州きてね
あ、九州の一部で使われている方言を一つ。
「まっこてよかきんぽこじゃー」
(本当に良い気分だなー)
聞いた時しばらく笑いすぎて立てなかったよ・・・

投稿: あや | 2005/12/02 15:19

>あや

え!? あれ? 目の錯覚?? きんぽこ??(笑 
その意味って「いい気持ち」ってことなの?
すっげー吹き出しちゃったよ!! あひゃひゃ。

でも地元の言葉って、その土地の人にしかニュアンスが
わからないものとかもあるじゃない? それがたまらなく私は好き。
九州とかホント言葉がゆったーりしてるよね。
青森とかは早いもの。口もあまり開かないで話すし。

青森って、大阪に通じるくらい笑いにうるさい土地だって
私は思うよ。うちのばーちゃんとか最高おもしろいし。どうなんだろうね。
「笑いのセンスがある都市 ランキング」とかやってほしい。
堂々の2位だよ。絶対。←アタシだけかな? 思ってるの。

投稿: たみ | 2005/12/02 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71295/7407630

この記事へのトラックバック一覧です: ギオン★ライフ:

« 手紙は簡潔に! | トップページ | 遅れてきたトゥエンティワン、改め、「24」ブーム。 »