« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/10

銀座カレー事情

最近、会社の友達とブームなのが、銀座のカレー屋さんめぐり。

とにかく毎昼、スパイス臭い。っていう。 「今日何たべよっかなーーー」とかお昼に大騒ぎして 「今日は、満を持してカレー食べちゃおっかな! うふえへ!」とか言ってると 隣の男に「毎日そのセリフ聞きますけど・・」言われちゃう始末だよ。

GANDALA にしても、日本人ってカレー好きだよね。ってアタシだけかな。 「好物は、カレーとハンバーグ」って言ったら、「小学生かよ!」とか言われちゃったけどさ。 さて、この写真にあるのは、ガンダーラ。インドカレーならぬ、パキスタンカレーのお店なんだけど、 私はここのナンが好き。よく、ナンにオイルっぽいものがかかっているところがあったりするんだけど、 ここは表面が粉っぽくていいんだよね。なにより、ほうれん草のカレーが好きだから ここには何度か行っちゃいました。 ランチには、3種のカレーセットがあって、¥1000で楽しめちゃいます。

そして、会社の近くにある、DEHLI(デリー)銀座店。 ここは、支店もかなり多くあるので、ご存知の方も多いのでは?!  ここも3種のカレーを。ってか、3種のカレーって多いな。 最初に、ドドーーンとトマトのサラダが出てくるんだけど、 この湯向きしたトマト自体に香辛料が効いてるドレッシングの味がしみてておいしいの! あと、ここはナンではなく、普通のライスに、フライドオニオンがパラリとかかったものが ランチセットに出てきます。ここも大好き!

DEHLI


さてさて、そして私がここのところ一番おいしい! と感じているのがココ!  「チャオタイ 銀座店」。ココも支店が渋谷や川崎にあるみたい。 タイカレーのお店なんだけど、ここはとにかくハズレなしのお店。 銀座東芝ビルの地下2Fにあって、見た目はすごい殺風景なんだけど、 タイ料理、ベトナム料理特有の”スッパ辛さ”が苦手でなければ絶対に夢中になれるハズ。

chaothai

私が訪れる度に注文しているのが、「グリーンカレーセット」。 これが「激辛なんじゃ!?」と思いきや、予想を裏切るマイルドぶり!  でもね、見た目がもうヒドイ感じなわけですよ。 箸休めの惣菜みたいなのも「残りカス?」って感じだし、 デザートも「これ、うまいのかな?どうなの?」なんて 一番最初に一応味見しちゃう。っていう。 でもね、本当に!! ハズレないのよ。全部おいしいの。 だから見た目にはこの際目をつぶるってワケ。 毎回、880円のセット頼んでるのに、 「ハピャクゴジュエンデース(850円ですと言っていると思われる)」っていう店員も 許したるか。って気にもなるわけ。「ハチ! ハチね!」って言いたい気持ちをグッとこらえてさ。


さて、ここまで「チャオタイ」を褒めちぎった後で、 評判のカレー屋さん2件をご紹介。

1件目は、CREAのカレー特集にも載っていた「印度風カリーライス吉葉」。 ここは最近話題のスープカレーのお店。 かなりの混雑ぶりだったんだけど、カレーがまーーースパイシー! ヒギャー! 男性客が多いのがうなずけるよ。「辛いね」「うん、辛いね」「しかし、辛いね」「これは?」「もう味わかんないくらい辛いね」って向こう半年分くらいの「辛い」を使い果たした感あり。 途中、添えつけのハラペーニョとか食べても、もう感覚マヒしちゃって味がわかんないくらいで。 もうちょっとカレーらしい味がしてもよかったなぁ。 ただ、ここはコーヒーサービスがあるので嬉しい。私達はコーヒーの味すらよくわかんなくなっちゃってたけどね!

yoshi-gur

2件目は、「グルガオン」。 ここは、会社の同僚が「スパイス屋の友人」という人に、 銀座でオススメのカレー屋を聞いたら「ここだね」といわれたというところ。

名物は、「チーズクルチャ」らしく、通常のランチセット(¥1000)はイエローライスとカレーのセットなんだけど、 +100円で「チーズクルチャ」への変更が可能。このチーズクルチャっていうのは、ナンの生地の中に、 トロトロのガーリック風味のチーズが入っているというもの。迷わず頼んで正解!  ただ、ここもカレーがもうスパイシーすぎて、辛くて辛くて味が分からなかったくらい。 そこがかなり残念でした・・・男性には人気なのかもしれないなー。なんて思ってしまったり。 やっぱり有名。ってなると期待も過度になってしまうね。

でも、それでも今日もジプシーのごとく、新たな味を求めて銀座を彷徨いつづけるつもりです☆

続きを読む "銀座カレー事情"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/03

目黒五十番の真骨頂

No50 銀座の松坂屋のデパ地下で、あの「目黒五十番」の肉まんが手に入るという情報を入手したので、さっそくお昼休みに買いに行ってみましたー。 家に帰ってから、冷凍で3週間、冷蔵でも3、4日持つらしい。

こんな肉まん初めて!!  なにより、中の具がとってもジューシー。しかも、手のひらいっぱいの大きさ! 具においては、肉汁がほとばしるほど出てくることに加えて、味付けが最高。 その汁が皮にしみて、その皮までジューシーにいただける仕組みになってました。あーこうしてる間にも食べたい・・

本当は蒸し器で蒸すといい。と書いてあったのだけど、もちろんそんなものはうちにはないので、水をかけて、レンジでチン。それでも十分おいしくいただけました!

No50-C 別の日に、チーズ肉まんも食べてみたんだけど、これがまたおいしい☆ 溶けたチーズがとろーーっと具にかかってて、 普通の肉まんよりまろやかな味わい。

中華街でもこんなおいしいの食べなかったかも。 ってくらい、大満足の一品でした。

続きを読む "目黒五十番の真骨頂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/01

遅れてきたトゥエンティワン、改め、「24」ブーム。

ヤホ!
24 いやー。キーファー・サザーランド! どっかのテーマパークみたいな 名前に見えちゃうけども、なにを隠そう、あの「24」の主役、ジャック・バウアー役の彼ね!
ま、ご存知、かつ、すでに夢中の方もおられるとは思うんだけども、 遅ればせながらアタシもやっと「24」の波に乗ってるってワケ! ←スッゲー遅ればせ。(使い方おかしーか)

So-net 「24」サイト  http://www.so-net.ne.jp/24/#

実は、私、中学高校と「スクリーン」と「ロードショー」の2冊買いをしてたくらい ハリウッド・シンドロームな青春を送っていたこともあり、 もっと若い頃のキーファーをよく雑誌でお見かけしていたんだよね。 たしか、その頃は、デミ・ムーアの婚約者で、気づいたら別れてた。みたいな存在。 お父さんがドナルド・サザーランドってダリみたいな顔した人。

そんなこんなで、「スタンド・バイ・ミー」でヤンキー役みたいなので出てた 二世俳優。ぐらいの印象で止まっていたあたしとしちゃぁ、この「24」のフィーバーぶりを見るにつけ、 「良かったね、キーファー、ホントにね」という気持ちで一杯!!  「24」出る前までは鳴かず飛ばずだったのにね!←言いたい放題

で、最近見始めたことをどうしても友達に言いたくて、
「いやー、最近、あたしもやっと、トゥエンティーワン見始めちゃってさ。」とか言ったら、
「へー。トゥエンティーワン? なんなのそれ、面白いの?」
「あれ? 知らないの? ほら。カシャッ、カシャッ、カシャッ・・って時間変わっていくやつ。
ジャック・バウアーの。見たことない?」

「・・・え? ワン? トゥエンティ・・ワン?
・・アタシが知ってるのだと、
3時間くらい足りないみたいなんだけど。」
言われて

「フェッ!? 3時間??? さんじか・・・
あ! そっか、トゥエンティー・・・フォーだ!! 
ごめん、フォーのほう!」
なんて最後はHGばりに叫ばしていただく結果に。フォーのほう。言ってるけど、ワンのほう。があるわけではないんだけどさ。

もうすげー得意げに話しちゃってたもんだから、恥ずかしさも頂点でしたよ。 これには理由があって、実は、つい最近引越しした友達が、 「センチュリー21(トゥエンティーワン)はいいよ! 説明も丁寧だし、うんぬん・・・」なんて話してたのが 耳に残っちゃってたみたいで、それと混じっちゃったみたいなのよ。歳かね。

トゥエンティーワンに出てるのは、
キーファーでもジャック・バウアーでもなく、


ケイン・コスギ!!
 って事だけは言いたいよね。

ま、そんなこんなで、まだシーズンⅠの2:00が見終わったとこ。 っていう思いっきり入り口の入り口にいるあたし。 すでにシーズンⅣまで出てるらしいね。いやー。こりゃ急いで見ないと。
ただね、その2時間見ただけなのに、心臓バクバクいっちゃうくらい、 展開がスリリングで、画面から目が離せないの。 早く!! キーファー!! あ! オッサン死んじゃった! えー。あれ? こいつどこから出てきたの?  あーー逃げてーキムー!! とかもうドキドキしっぱなし! うまいとこで画面が切り替わるしさ。
っとに、アタシがちょっと心臓弱かったら、1:45あたりで一回死んでるね!

2005年内には、シーズンⅠを見終える予定だから、 「24」ファンの友人達と、年明けにはシーズンⅠについて思いっきり語り合える寸法にはなってるよ。 「犯人が○○だったとは驚きだったねー」とか言い合いたいね! ←激遅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »