« SOZ'S 銀座店 | トップページ | マーロウのプリン »

2006/07/12

ノスタルジー

盛岡市、おめでとうーー!!

時事通信社がこのほど発表した
「04年度くらしと環境に関する世論調査」の「住みやすさ指数」で、
盛岡市が全国49都市(都道府県庁所在市に政令指定都市の川崎、
北九州両市を加えた都市)の中で総合1位にランクされた。

だって!

要は、全国の中で一番住みやすい土地デスネ! ってこと!
しかも、盛岡市は、04年、05年と2年連続1位を獲得しているみたい!

そんな住みやすいと言われた街を離れて早10ウン年になる私にも、
とっても嬉しい話題だよーー!

そんな話題に触れているうちに、ふと思い出したのが盛岡のお祭り。

Cyagu2 この写真は、すでにシーズンを終えた 「チャグチャグ馬コ」っていうお祭り。 飾りつけをした馬が、街中を練り歩くっていうイベントね。

私の小学校は盛岡の駅前にあったので、 チャグチャグ馬コの通り道になっていて、 通る時間には全校生徒率いて写生大会だったんだよね。 今考えたら、小学生が道路にいっせいに並んで写生。



もう「写生」っつったら「チャグチャグ馬コ」っつーくらいの定番ぶり。
いま考えたら、何頭もの馬が馬糞を垂れ流しながら
盛岡の道路を闊歩する。って割とドギモな映像だけどね。
当時はなんの疑問も感じずに、せっせと馬を写生したモンだったよ。

そしてお次は夏のイベント「さんさ踊り」
Sansa3 このお祭りがアタシは三度の飯より好きだった!  と言っても過言ではなかったよ。

あ! ごめん、やっぱり過言でした。 うん、飯のほうが好きだったかもしれません。

でも、そんくらいこの祭りにアタシ命かけてたよ。

とにかく太鼓! 太鼓! 
太鼓! 太鼓の大行列!
中学校の頃からこのイベントに太鼓で出演しだしたあたしは もう練習に行くのが楽しみでたまらなくてさ。

このお祭りは、地域や会社、学校単位で出るもので、
その地区によっては太鼓のリズムが微妙に違ったり、
踊り方が違ったりするのね。
で、笛担当、太鼓担当、踊り担当なんかがいて、
花形の「ミスさんさ」かなんかが先頭で踊ったりなんかしてね!

まぁアタシは若かったから(?)「ミスさんさ」に選ばれることなく
盛岡を去ったわけだけども、最初に親につれられてさんさ踊りを見た瞬間から
その太鼓のかっこよさに魅せられていたアタシは
「踊りよりも太鼓! 太鼓やりたい!!」と親に直訴。

かくして、私は父親の会社の一員として
めでたく「さんさ踊り」の練習にオッサンに混じって
参加することになったわけだったんだけど、
アタシは中学生当時、吹奏楽でパーカッションを担当していたから、
太鼓のリズムにはちょっと自信があったわけ。

で、譜面とかも見慣れてるからその辺のおじさんたちより
上達早いかなー! てへへのへ!

とか思って渡された譜面見たらアータ。

1番
「ダンダンダカスカダン ダンダン 
カトカトカト ダン カトカ
ダンダカスカダンダンダン カトカ ダンダン 
カ カッ カッカトカットカット」


※「ダン=太鼓」「カト=フチ」



あれ? アタシのだけなんか手書きで、変な暗号書いてます。

って横のオヤジの譜面見たら
同じく手書きの「カトカットカット」が目に入った。

・・あ、おんなじですか・・アハハ・・・・おんなじ?! 

えぇーー!?


まぎれもないそれが、太鼓の譜面でした。

譜面てさ、譜面てさ、五本線引いてあってさ、
丸い玉と棒とか、区切ってみたりする線とかさ、
休んだりする記号とかさ、なんかさ・・・

とにかくそこにはアタシの見慣れた五線譜やら
音符やら小節やらは存在してなかったってワケ。

まー口から口へ伝わってきた伝統の太鼓

とは聞いてたけど、ここまでかー。やるなー。さんさ。
ってアタシさんさの奥深さ見たよ。
いまは譜面があるのかしら?

盛岡にお越しの際には是非ごらんあれ!!!

ダンダンダカスカ クリック!!
↓ ↓ ↓
クリックよろしく!

|

« SOZ'S 銀座店 | トップページ | マーロウのプリン »

コメント

生まれ育った故郷を離れた想いって、とても深いんだろうな。。。
私は今も昔もこの場所。
いい事もあるけど、故郷への想いを語れるのは羨ましい限りだわぁ。
故郷を愛してないと、熱く語れやしないよね。
なぜか、
タミが盛岡にいた話と、タミのママパパの話はなんだか自分の事のように懐かしくって涙出そう。
熱い想いは、友にも通じてるよ。。。。

投稿: nao | 2006/07/13 16:23

◆nao

ありがとう。
naoはうちにも遊びに来てくれたしね!
ふるさとは遠くにありて・・って言うけど、
ホントに遠くに来てからは
いろーんなことあったけど、
いいことしか思い出さない。

東京の雨の日はいやだけど、
盛岡の雨の日は不思議と好きだったなとか、
地元に帰って久しぶりに見る空の青が
とってもステキに見えたりね。

これから先、どんなところで生活していくのか
まったく分からないけど、どんなに遠くに行っても、
自分の生まれた青森と盛岡だけはホント特別だと思う。

また子供が大きくなって余裕ができたら
いつでも遊びにおいで☆

投稿: tami | 2006/07/14 01:05

そんなあたくし。
本日盛岡からかえってきたばかりでやんす。
なんか、田舎はほっとするね!
なんかみんな親戚!て雰囲気で、警戒心が無かった。
実家なんか寝るまで玄関あけっぱなだし(風を入れるため)
姉のアパートなんか外出するときしか鍵をかけないっていうお気楽さ。
だいぶゆるゆるしてるんだけど、そこがいいっていうか。
いまだにコンビニにATM無いし。
地元の情報番組で
「なんと盛岡市内の半分のコンビニが、いまや24時間営業してるんですよ!都会ですよね!」
って放送していたときには、
「いいとこだよ・・・盛岡は・・・」と感無量でしたよ

中三もサン○ウンも健在でしたよ。

唯一変わったといえば、高校生の髪型があたいらのころよりおしゃれになってたってことかな・・・・
シャギーとかレイヤーとか入ってる感じでしたよ、みなさん。
あたいらのころなんて、おしゃれ人間しかそんな髪型してなかったよ・・・ね?

投稿: ぬま | 2006/07/15 17:58

◆ぬま

えー!タイに行ってみたり、盛岡行ってみたり、
ずいぶん活動的に動いているねぇ!

それにしても盛岡のコンビニも
ファミマとか増えてきちゃってビックリだよね。
前はキャメルマートばっかりだったのにねー!
キャメルなんていま見つける方が難しいよ。

ちなみにうちもドアから窓から勝手口から
すべて開け放って生活してるね。
ほんとそういうのに慣れてるから、
私も東京来たばっかりのころ、
いる間は開けて生活してたら、
新聞の勧誘のおじさんがすごい勢いで入ってきて
それからは閉めて生活するようになったよ。

それにしてもさ、田舎の人のおしゃれって、
ほんとに雑誌そのままだったりしない?
おしゃれなんだけど、すごい奇抜だったり。
でも、盛岡の人のほうがおしゃれな人多い気が
(昔から)するのは私だけ!?

投稿: tami | 2006/07/17 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71295/10806640

この記事へのトラックバック一覧です: ノスタルジー:

« SOZ'S 銀座店 | トップページ | マーロウのプリン »