« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/20

ヒトラーと過ごす、日曜の午後。

なにか映画を見たいな!

なにも考えずに笑えるような映画がいい!

と相方に話していたアタシ。


なにやら、自宅近くのレンタル屋さんに、
週に何度か通い詰めている様子の相方は、
そんなアタシのセリフを記憶していたらしく、
なにかいそいそと準備を始めたわけ。


まぁ、アタシとしちゃあ、映画っていやぁ、劇場。
ってことなんだけども、レンタルしてきた様子のDVDを
嬉しそうにセットしてる相方の様子を見て、
まぁ、家でゆっくり見るのもオツだよね。

とまぁワクワクとしていたわけよ。



で、アタシの期待したラインナップはといいますと、



なんかこうエディ・マーフィー的な方が
肉じゅばんかなんか羽織ったぐらいにして
民家破壊したりだとかね、

Mfw





チョビヒゲのオヤジが工場でねじ巻いてみたりとかね、
(チャップリン、家に写真飾ってるくらい好き)

Cc_2





こう腕のあたりから糸出してビルの谷間を
瞬時に移動してみたりだとかするような、

Sm



なにかね、深く考えずにすむ、あっけらかんとしたような映画をね、


期待していたわけなんですが、


なぜか映し出された映像は、






これでした。

Hitler









すげー重め。




しかも、ディレクターズ・エディションみたいな
長いバージョンのね。3時間たっぷりヒトラー。



あっれー・・

ナチズム? っつーかナチ? ナチっちゃう?
最後にゃアタシも片腕上げて「ハイル!ヒトラー!」とか言っちゃう?



いやーあたしもね、

日曜の午後=ヒトラー

って組み合わせ、キライじゃない。

ただ、アリかナシかで言うなら、
「ギリッギリのアリ」なわけ。
滑り込みのアリ。ね。
もー、審判も危うく親指立てそうになるぐらいの
アウトすれっすれのアリ。



ってことは空気で察しよう。


って言いたかったんだけど、


まぁ・・見ました。うん。ナチズムを。




このDVDのカバーを見ても分かるとおり、
ヒトラー役の人も役作りバッチシなのよね。

どうやらできるだけ忠実に再現しているらしく、
側近だったゲッベルスとかも、特殊メイクかなんかで
おでこが突き出てたり(ちょっと出すぎだったけど)、
足引きずったりしてるわけ。
もうちょっといろいろ調べてからみたかったなーと思ったよ。



しかもまたこれ、ドイツが初めてヒトラー映画を製作したっていう
代物で、主人公は、ヒトラーの秘書をしていた女性なんだけど、
この人が実在の人物で、本人が映画の最初と最後に出るわけ。
映画の完成を見届けてから亡くなったらしいんだけども。



で、彼女が最後に言うわけ。

ヒトラーは、私たちには普通の人だった。
むしろ優しかったと。
そして、戦争とか殺戮とかは、自分に関係ないところに
あると思っていた。若かったから知らなくて当然だと思ってた。

けど、同じ人が重大な殺戮を繰り返していたことを
戦争が終わってから知った。若いということは理由にならない。
無知だということは、とても大きな罪だった・・みたいなことをね。


「無知は罪」ってよく言うけどもさ、
あれだけの大罪を身近な人が知らなかったってことが
一番アタシにとったら衝撃だったよ。


ただ、実在の人物がコメント寄せてるだけあって、
大掛かりなドキュメント映画って感じを得たね。


てのは、映画自体、「最後の12日間」ってくらいだから、
崩壊寸前のナチスが描かれているんだけど、
ヒトラーに同情的に作られているわけでもなく、
かといってユダヤ人に寄ったつくりでもないなと。

よくありがちな大量虐殺の描写があるわけでもなく、
普通の戦争映画見てるような感じなんだけど、
でも世界中の人がナチスがなにをしたか知ってるわけで、
そこはザックリ省いた上で、みんなが知ってるヒトラーや
ゲッベルスたちはこんな風に最期の時を過ごした。
っていうのをドキュメンタリーのように追ってる印象でした。

どこか感動的なエピソードとか含まれてるとかじゃなくて、
ほんとにあったことをそのまま映像化した。っていうような。

泣けるとこはアタシはなかったかな。
だって同情の余地ないから。

ま、日本も戦争映画で感動的なのあったりするけど、
外国からみたら「同情の余地なし!」なんて
思われてるのかもしんないけどね!



ちなみに大学の第2外国語にドイツ語を選択していたあたしは、
中世の町並みとか魅力もあるし、
自然も美しい、音楽もすばらしい・・・と
ドイツに憧れを抱きながら大学生活を送った一人だけども、

なんか色で言えば「黒」のような
ちょっと暗い印象がつきまとっていたのは、
やっぱり「ナチ」のイメージが強いからかなぁ・・

とか思ったりしてね。


しかも、ドイツ語教えてくれてた先生も
軍の司令官みたいな人だったから、
厳しい状況の中で学んだし。




映画終わった後に、相方に向かって
「ドイツ人てアレだよね・・」って続けて言おうとしたら




「ドイツ人? あー。太ってる人多いよね」



・・えーーーっ!?



そこ? 感想。



瞬時に、ナチスとか一切無視したところにいたんで、
その明るさ、てかひきずらなさとかはちょっと見習いたい。
とは思いました。

ちなみに、この主人公なんだけど、
アレクサンドラ・マリア・ララっていう女優ね。
マリエにそっくりだったの。

Maria



ね。ちょっとイメージ違うけど、似てないかい?
映画みるとそっくりだから!
この方、ルーマニア系の方らしいんだけど、
マリエもルーマニアのハーフなのかな?


ちなみに、アタシの好きな超人に、
「ブロッケンJr.」とおっしゃる方がいますが、
彼もドイツ出身です。キャ☆

で、彼のテーマソングの中には、
「ハイル! ブロッケン! ハイル! ブロッケン!」
てのが入っておりまして、小さい頃はよく弟と競うように
ブロッケン一族を心から称えていたわけよね。


でも、テーマソングの内容は過激です。

「俺のハートに棲みついた悪魔が
お前殺せと叫んでいるのさ

正義きどった超人よ
俺の反則技で地獄へ送るぜーーー

あぁ ベルリンに赤い雨が降る~」

ですんでね。


血の雨降らしちゃう極悪人ですが、
後に残虐超人から、正義超人への華麗なる転身を遂げますんで、
皆様、ご安心を!

しかも、こないだこれ当てたの!

8

アタシの想いって通じやすいよね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/01/19

Baby Roo

私がちょいと気になっているバッグをご紹介します!

これランチバッグなのですが、
かわいくね? かわいくね?


090401 545601 550103







というわけで、別にこのブランドの回しもんでも
なんでもないんだけど、ちょっと紹介します。

もともと、ROO TOTO(ルー・トート)っていう、
サイドにカンガルーの袋のようなものがついているバッグがあって、
そこのブランドから、よりコンパクトな「BABY ROO」っていうバッグが
出ましたよ。と。
ルー・トートの赤ちゃん・・ってことなのかな。

↓↓BABY ROO HOMEPAGE↓↓
http://www.babyroo.jp/



これにね、弁当とかね、入れたり入れなかったりしながら
使えるものみたいなの。




ま、入れろ。って話だけども。

弁当の汁とかうかつにこぼせないよ、こりゃ。





ちなみに、キラキラしたものが好きなあたしなワケなんで、
この八代亜紀ばりにスパンコールをちりばめた
小悪魔的なアイツに焦点を絞ってみてはいるんだけどもね。



↓こいつ

549401

ちなみに、3000円台からあって、
いろんなクリエーターさんとかもデザインしたりしているから
探してみると自分の気に入ったものがあるかもね!





こいつはうまそーー!!

530201

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/16

デーブイデー

というわけで、あたくし。

今年からDVDレコーダーデビューしましたっ!

買ったのは、TOSHIBA VARDIA!


シブッ!!



って言われたんだけど、自宅のパソコンもTOSHIBA Dynabookなもんで・・
なんかついつい安くて品質がよい=TOSHIBA。みたいなもんが
アタシの中で出来上がってんのよね。
あ、でもアタシの中の感覚だけよ。
ついつい目が行く。ってあるじゃない。それが東芝。シブいなー。


ちなみにうちの実家は「ソニー神話」そのものが息づいてる家庭で、

父親が昨年還暦で赤いちゃんちゃんこだったわけですが、

「せっかく60年も頑張ったんだから、
なんか好きなものでも買えば」という話になり、

じゃ、新しいテレビを買う!

とね、パパも嬉しそうに決意したわけ。




で、いざ初売りに行ってみると、
アタシら姉弟が、

「このTOSHIBAのREGZAだと、
300ギガ録画できるんだって。これすごいよ!」

って連れて行っても、なんかうわの空で、
ジャンバー(懐かしいね)の袖をずっといじってたりすんのね。←小学生かよ!



んでまた

「このパナソニックの初売りのセット、
安いしお得だね」

だとか言いましても、


「ん? ん? なに? どれ?
なにが出来るの? はぁ・・・ふーん・・そうかー。。。
いいね・・」←ぜってー思ってねー!

なんていきなり物分かり悪くなったりするんだけども、

「ソニーのBRAVIAこっちにあるよ」

とか言うと、残像残るか残んないかぐらいの速度で
こっちに移動してきて、イキイキと店員になんか尋ねてるわけ!


だからまぁ。機能とかそういうの抜きで、

「ソニー」であることが一番大事なんだね。って。


でもねー、見たらすっごいキレイ!!
DVDレコーダーもソニーのものを買ったんだけど、
プレステ3と同じ画面で操作しやすかったし。
パパ、よかったね!!

というわけで、話がだいぶそれたけども、
なんとか私もDVDレコーダーを手中に収めたわけです!!

ちなみに、部屋のテレビは95年に買った14インチのだから
地デジは受信できないんだけども、
番組表があって録画できるのがすごく嬉しくて!!


早速、録画予約したのが、

①奇跡体験!アンビリバボー
②世界仰天ニュース
③探偵!ナイトスクープ(TOKYO MX)

ってことでまぁ、私の好きな番組が分かっていただけたかと思うけども。

カテゴリとしてはどういうくくりなのかね、これ。

「ドキュメンタリー再現番組?」とか、
素人いじりの番組が好きなのね。
「元気が出るテレビ」世代の私なので、
あーいうテイストは欠かせない。ずっと続けてほしいー!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/01/15

明けましておめでとーっ!

って・・まぁ15日も過ぎちゃったね!!

今年も皆さまよろしくお願いします。

さてさて早速ですが、フランスの風習で1月6日の公現節に
お菓子を食べてお祝いするというイベントがあるのですが、
今年もご他聞にもれず、私、お祝いしてみました。

そ!

ガレット・デ・ロワ

を食べたよー!!

Galettedesrois

今年は、アンリ・シャルパンティエのガレット・デ・ロワにしましたが・・

んめーーーー!!!!!

超うめー。

ほんと美味しくてびっくりしました。 ちなみに今年のフェーブ、
前回は北斗晶のようなかたがお出ましいたしましたが、
子供が誤って飲んでしまったら大変! ということで、
事故防止のために、「ソラ豆」を入れているとのこと。

フェーブは別で自分で選べました!!

今回は、”BOITE A GATEAUX”と書いてあるフェーブをゲット!

これ、焼き菓子が入ってる箱かな・・・と思ったら、
まさに訳したらその通り!!

「ガトー(焼き菓子)のボックス」という意味でした!

↓↓ 分かる!? お菓子の入ったボックスなの!

Boiteagateaux

ひゃっほー! フェーヴもかわいくて満足☆

フランス式に新年をお祝いした後は、
まぁ・・辛いダイエットが待ってるわけですが。。

そ! ちなみに私、新年早々携帯をトイレに落としまして、
同じ機種を買うのに2万6千円かかります。といわれたため、
思い切ってドコモからauに機種変しましたよっ!!

で、連絡先がかろうじて分かった人には連絡入れてるのですが、
何しろ携帯が水没してしまい、データが全部消えてしまったので、
もれてる人も多いと思います!

つーわけでして、「あれ? 連絡来てないよ」って方は、
電話番号そのまま、メールアドレスも、@ezweb.ne.jpに変わっただけなので、
なんとなく連絡ください!←っとに他人任せ

ともあれ、今年もみなさま、宜しくお願いしますっ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »