2008/04/02

おセンチ

ひゃっほー!

っとにブログの更新がまったくままならないアタシですが、
もう桜の季節も終わろうとしてるなんて・・キャー!

さて、昨日はうちのママの誕生日でしたっ!
ママ、還暦おめでとうcute

ママは、パパにもらったバラの花を、
初めてのケイタイ添付メールで送ってくれましたtulip

Rose

うちの大学は、4月1日が入学式、と毎年決まっているんだけど、
私が大学に入学した年、両親と弟が入学式に揃って出てくれたのね!

その入学式の日に、父親が大きなバラの花束を持って
私の1人暮らしの部屋に戻ってくるなり、一言
「ハッピーバースディ!」とママに言い残して仕事のために一足先に盛岡へ帰ってさ。

もー母親が大興奮だったわけですが、

母親が「キャー!見て見てぇ! パパにもらったの」

アタシ&弟「・・・・・見てたよ」

っての、3回は繰り返したわけdash


しかし、こうやって花を買うことに抵抗のない男の人って
なかなかいないと思うんだけど、我が父親ながら、ナイス企画!って思うよねscissors


でもねぇ、親が還暦なんて、数年前まで想像すらできなかったよなぁ。って。
でも、父親も無事、昨年末に還暦を迎えたので、
私としては、心の底から「ありがとう&お疲れさま!!」と叫びたい。


しかも、うちの両親、いよいよ今年お墓を買うらしく、
私も今年のゴールデンウィークには、
今のお墓の「魂抜き(たましいぬき)」とやらにお付き合いする予定なのcoldsweats02

一回、すべてを掘り起こして、新しいお墓に入れるために
お寺の住職さん呼んで拝んでもらうのね。

実はうちのお墓、いまどき土の上に、四角い石がドン!と乗っかってるだけの
これ以上ないシンプルさで定評を得てきたんですが、
さすがに、自分の親があの石ころの下に埋まるかと思うと
ちょっと忍びない部分はあったわけねsweat01

だから、お墓を買うよ! といわれたときは
ちょっとホッとしたり。

もうそういう話するような年齢になったんだなって
ちょっと切なくなってみたり。

そして、私が生まれた青森の家も、いよいよ今年(?)取り壊しcrying
ここのおうちは、うちの祖父母に父や父の妹弟で角材から運んで、
ひとつひとつできる様を見ながらできた。というおうち。

まだ存命中の祖母からしたら、とっても思いいれのある家だし、
私も自分が生まれたおうちで、毎年里帰りしていた家で・・
と思うととーーーっても切ないんだけど、
でも、青森。っていうだけあって、いつ雪の重みで崩れてしまうかわからないくらい
老朽化した家を守っていく術もなく、父親は弟に責任を負わせるより、
自分の代でキッチリ片付けていく! と決めたみたい。

悲しいけど、私の「悲しい」とか「寂しい」ってキモチなんて、
父親が感じている本当の喪失感に比べたら・・!

と思うと、心から支持してあげたいな! って思うわけなのです。

まー久しぶりに書いておいて、
なんだかメランコリック、且つ、アンニュイな内容でごめーんねheart

楽しい毎日だけどね、
すごく笑ってすごせているけどね、
これはもうパパとママと弟夫婦と祖母と・・っていう
うちの大事な家族がいて、
ほんと楽しい親戚仲間が居て、
いつも幸せをくれる友達のみんなと、
ケンカばかりですが愛すべきわが相方と、
グチ言い合ったり笑いあったりの仕事仲間と・・
まぁほんと、恵まれてて嬉しいですわい。


幸せ気分の三十路を迎えている私ですが、辛い現実も多いのが実情。
今年はなにがあっても笑い飛ばす精神で、
明るく強く生きてゆきたいと思いまっす!!ニャハshine

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/01/29

ヘーホー

最近、映画を見るようになったおかげか、
TSUTAYAに行くことが増えまして・・

で、前から借りたいなーとは思っていたけど、
忘却のかなたでした。。ってモノたちを探していたら、
一方はいつ行っても借りられていて、
一方はいつ行ってもその棚にすら入ってない。

そのいつも棚にないっつーのが、
アッコ和田の「free soul」というアルバム。

↓これね。
Photo_10
これは、ピチカートの小西さんが監修したものらしく、
アッコのみずみずしい歌声が聴ける一品。
友人に「アッコいいぜ!」って言われて聴いたことがあったんだけど、
タイトルがうろ覚えだったので、果たしてこれでよかったのかも不明。←おい


それと、いつも借りられているのが、
「昭和のいる・こいる ヘーヘーホーホー40年!」というDVD。

こちらー↓
Photo_8
「話を聞く姿勢はアンタにそっくり」と言わしめた
あの昭和こいる師匠(ボケ担当)のテキトーなあいづちがたまらなくツボで、
どうしても借りたかったんだけど、常にDVDケースは空。


ま、どちらも店員に聞くにはかなりの覚悟を強いられるので、
空いていたら借りよう。あったら借りよう・・・と
いつも心の奥にしまいこんでいたのですが、
先日、TSUTAYAが一週間、半額レンタル! を実施。
こりゃ急いで借りなきゃー! と意気込んだはよかったんだけど、まーね、
その時期はやっぱり混んでるわけ。いつも以上に。

店員さんもレジんとこでてんやわんやなんですよ。
そこへ行って「和田アキ子」とか「昭和のいる・こいる」という
キーワードを発する自信がない・・・



と思っていたところに、商品陳列をしている店員さんが!

ラッキー! とばかりに話しかけ、気持ち小さめの声で

「すみません。あのー、CDの貸し出し状況って調べられます?」と聞いたら、

「もちろんですよ! で、どのCDでしょう?」と割と張った声で返されたアタシ。



おや? 予想以上に声の張ってる人だね・・



とは思いながらも、気を取り直して、
「いや、実はあの。。和田。。和田・・、
あ、『フリーソウル』というアルバムでして。。」

「フリーソウル? 邦楽でよろしいですか?」

「はい、邦楽です。」

「どなたの・・?」

「えーっと和田・・和田アキ子です

和田アキ子ですね? 少々お待ちください」←とにかくデカい声

って言ってから、和田アキ子のとこスタスタ行きました。


ない。

まぁ、アタシもそこは毎日見てっからさ。そこにはないわけよ。
と思いながら見ていると、歌謡曲のとこ、邦楽の「わ」の段のところ、
ソウルミュージックのところ、はたまた外国のところ、
視聴スペースのところ、返却棚、これでもかってくらい探し始めた。



でもめっかんない。



「。。。えーーー・・っと」って言いながら、なんども端末見て
カチャカチャ入力して「んー?」とか言ってる。




「どうした?」



そりゃ、他の店員も異変を察知。
客も「あの人どうしたのかな?」的視線。

「和田アキ子のアルバムがないんですよ」
「和田アキ子? 和田アキ子?」←なぜか連呼

「あ・・あのいいですよ、また来ますんで」

「いえ、あるはずなので・・ちょ・・もうちょっとだけお待ちいただいてもいいですか?」

「。。。はい」


てなことで、延々と他のお客さんの視線を浴びながら待つ羽目に。
結局なくて、次の日に電話もらってやっと借りれたんだけど・・
長かったよ、和田アキ子への道は。


しかも、「ヘーヘーホーホー」の方は、
タイトルもコンビ名も口に出す時点で恥ずかしいから、
そのDVDが置いてあるところにいて、近くに店員さんが来たら、
「これって次はいつ貸し出し可能ですか?」って聞こう! それいってみよう! と思い、
ヘーヘーホーホー前にて店員を待つも、誰も来ず。

しかも、そのDVD、お笑いのコーナーにあるんだけど、
そのすぐ奥が、ちょっとしたコーナーになってるわけですよ。
あのカーテンの奥の・・的なね?
男子がコソコソッと入っていくっていうあのコーナーですがね。



そんな入り口付近でキョロキョロしてる女子がいるもんだから、
男子も入ろうとしてちょっと躊躇してるわけですよ。

なんか足がいきなり違うほうに向いたりしてるわけ。
興味ないだろうなーっていう、スティーブン・セガール特集みたいなとこで
足を止めてこちらをチラ見ですよ。

なんか悪いかな・・・って思ったので、角に隠れて店員を待つことにしたのね。
で、また誰かが通るたびに「シャッ!」とこう角から顔を現すわけ。
なんかまたそれが言い表しようがないくらい怪しくてね。
自分で言うのもなんなんだけど。


男子も「ビクッ!」とかしてるわけ。


もーさー、騒動は「和田アキ子」だけで十分! と思ったから、
またカウンターにトライ。

とりあえず、恥ずかしいことなんてないから、
サラリとやりすごそう。カツゼツ良く!

「すみません、昭和のいる・こいるの
『ヘーヘーホーホー40年!』というDVDを探しているのですが・・」







「はいっ!?」

「や・・ですから。。のいるこいるの・・・へーへーホーホー・・・
探し・・


ま、ここからはご想像にお任せするけども、
師匠の名前告げるだけで2回、題名においては3回繰り返した。
ってことだけは伝えときます。


しかし、「和田アキ子」と「昭和のいる・こいる」で
この1週間であのTSUTAYAの店員の印象に残ってしまった気がして怖い。
なんかあだ名とか付いてないといいな。
「和田」とか「昭和」とかね。「ヘーホー」とかね。

ま、あたしなら間違いなくあだ名つけて呼んでるね、そんな奴いたら。


ちなみに、あんなに苦労して探したアッコのアルバム、
アタシの大好きな「古い日記」(あの頃は♪ ハーって吉村にマネされてた曲)が
入ってなかったから、友人に聞き直したら、
「㈱ワダアキコ」ってアルバムでした。
こんだけ苦労して間違ってたのかよーー!!えーん。
ちなみにコチラ↓
Photo_11
またパンチの効いたタイトルだけども・・借りるぞー!
しかもこのアルバムには「うぉううぉう悩み無用(783-640)!」が
入っているのでかなり楽しみ。
松崎しげるの「悩み無用」(ラップ調)のほうが好きだけど、
とりあえずこっちでお茶を濁します。ふーっ。
今度はアッサリ見つかりますよーに!!





さて、こんなふざけた日常を送っている私ですが、
中学時代は意外とまっとうに生きていたよ。
ということで、シロツチからもらった【中学生バトン】をやってみました☆

ほんではーー! ヘーヘーホーホー!
↓ ↓ ↓
クリックよろしく!

続きを読む "ヘーホー"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007/01/18

今年も暑苦しいくらいよろしく!

明けましておめでとうございます。
2007年もよろしくお願いします。

今年は、もう少しコンスタントにブログを更新する。
っていうことをモットーにがんばって行きたいと思います!


って書き始めが既に年明けから半月以上すぎちゃってんだけど! てへ。


がんばります!!


いやぁ・・それにしても佑ちゃん、
早稲田の教育学部に進学決まったみたいねー! ←まだ騒いでた


ってこたぁ・・ 先生とかなるんでしょうね。そら。
子どもが生まれたら、斎藤君がいる学校に入れたい。と、こう思います。

あっ、その前にプロ野球行くか・・


でも、教育実習ならなんとかもぐりこめるかな?
一人オバチャン混じってることに気づかれちゃうかな? どう?


もー手とか挙げまくりですよ。

「はい! それは ”出雲の阿国” です」とかね。答えちゃう。余裕だよ。
(佑ちゃんは教育学部社会学科だからなんとなく社会でね)


やだ! しかもあたし歴史好きじゃんね。
割といい点取れちゃうんじゃないかな。
この自信がどこからくるか、あたしもわかんないけど。
キン肉マンみたいなね。
「言葉の意味はわからんがとにかくすごい自信だ」ってね。
屁のつっぱりはいらんですよ。ってね。

あぁ、話がそれました。


でも、やっぱり無理だわ。
地理が無理だった。
日本はね、東日本なら位置わかるんだけど、
西日本全滅。とくに中国、近畿地方ね。

岐阜どこ? 
ここ愛知? 名古屋は? あぁ、愛知か。
大阪はここでしょ。え? ここが愛知?
えーっと、んで滋賀滋賀・・

ってな具合だからさ。
西日本在住の方、ごめんなさい。本当に。

でも、けっこういろんな人に、
「岩手って右側だよね?」って確認されることが多いのも事実。
右。ってかね。東のほうね。
大学の先輩に「はまはげって実際怖い?」って聞かれたこともあるしね。
だからそれ左の(ってか西側ね)県だから。っていう。


じゃアメリカは?
シカゴの五大湖ぐらいならなんとか。
えー、湖はミシガン湖と・・・・ミシガン湖・・えーと・・ 

ハードル上げすぎたわ。
ミシガン出てきただけでもアメージングだから。

もう場所覚えるだけでも一苦労なのに、
そこでなにが栄えてるとか有名とか覚えるのがほんとに苦手でさ。
でも、歴史よりも地理のほうが実用的ってことに
こんな大人になって気づいてみたり・・ぐすん。


というわけで、佑ちゃんが教育実習するときは
有休とりますんで、同僚の方々、よろしくお願いします。



というわけで、すっかり2007年も始まってしまったわけですが、
2006年の後半は、自分が運営していた演奏会に
時間も心もすっかり奪われてしまうという日々を過ごしました。


毎日数人とのメール交換に電話、司会原稿考えて、
タイムスケジュール決めて、みんなにメーリングリストで連絡まわして、
借用施設使用の打ち合わせして、提出文書作成して、
先輩に怒られ、後輩に励まされ、同期と泣いて・・もううぎゃーー!
でした。本当に。

で、練習に参加すれば、自分の演奏はボロボロ。
当日までに自分の演奏が間に合うのかな・・
いや、間に合わなかったら怒られるよ、やらねば。やらねばー! 

よし! まずはこの司会原稿を作るぞ!

えーっとこの曲の作曲・・作曲者・・えーっと・・
1980年・・・に・・発・・表・・・・した・・・








グー・・(。-ω-)zzz






. . . (。゜ω゜) ハッ!





いま何分寝た? 2・・・2時間かよ!! 間に合わねー!
わーん・・もう一回最初からやるぞー!!!




グー・・(。-ω-)zzz





・・みたいなことが何度もありました。


なんかね、学生のときよりがんばっちゃったんじゃないかしらなんて
思うくらいがんばりました。
中学校から続けてきた吹奏楽だけど、
実は「演奏会に来て」って周りを呼んだことってあまりないのよね。

吹奏楽でやる曲ってちょっとマニアックなものも多いし、
興味ないだろうなーって思っちゃうのもそうなんだけど、
なにを隠そう、めちゃめちゃ緊張しぃなわけなんです。


毎度毎度、舞台の袖でアブラ汗流して、ハァハァ言ってるあたしがいるってわけ。
緊張のあまり、呼吸ができなくなるくらいで、

「えっと・・最初の曲は・・・・ハァハァ・・えっと・・
・・んと・・なんか苦しい・・苦しいんだけど・・どうしようウンチしてきたい」

「出たーーー! 毎回いいから! そのパターン。
しっかしそれ見ると『とうとう本番だなー』って実感しますよね。
とりあえず、深呼吸で!!! はい! すーはーすーはー
ウンコはあとにしてくださいね。」

とかいつもやられてます。
もう2、3年前くらいまでは、この後輩ももう少し心配してたけどね。

でも、自分ではどうにもできないくらい呼吸困難になっちゃって、
ほんとにどうしようもないんですよ・・ええ。

今回は割とそこまで緊張せずにできたんだけど、
かえって、友達をたくさん呼んだことがパワーになったのかもって思って。
来てくださった方々には、時間とお金をかけて見に来ていただいて、
本当にありがとう!! の一言に尽きます~!!

本当に本当にありがとう!!


つーわけで、今年もこんなアタシですが、宜しくお願いします!!


教育実習、一緒に行ってくれる人! クリック!
↓ ↓ ↓
クリックよろしく!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/08/26

阿波踊り・・・イイ!!!

今日は、会社の元同僚ゆるりちゃんと
「高円寺 阿波踊り」を見に行ったんだけど、
アツかった! もー大興奮!!!

徳島に今すぐ飛びてー! って思うくらい楽しかった!

地域ごとに太鼓のリズムが違ったりするんだけど、
激しいチームとかになると体が勝手に動いてきちゃったりして。

お祭りは見るもんじゃねぇ! 出るもんだ!!

って思ったくらい興奮した。
太鼓で出たいけど、けっこう単調なリズムだから、
動きとかあるところがいいなぁ・・
「ぽんぽこ連」ってとこが一番激しくてよかった。
でも、どうやったら「ぽんぽこ連」と連絡取れるかは不明・・。

Awa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/12

ノスタルジー

盛岡市、おめでとうーー!!

時事通信社がこのほど発表した
「04年度くらしと環境に関する世論調査」の「住みやすさ指数」で、
盛岡市が全国49都市(都道府県庁所在市に政令指定都市の川崎、
北九州両市を加えた都市)の中で総合1位にランクされた。

だって!

要は、全国の中で一番住みやすい土地デスネ! ってこと!
しかも、盛岡市は、04年、05年と2年連続1位を獲得しているみたい!

そんな住みやすいと言われた街を離れて早10ウン年になる私にも、
とっても嬉しい話題だよーー!

そんな話題に触れているうちに、ふと思い出したのが盛岡のお祭り。

Cyagu2 この写真は、すでにシーズンを終えた 「チャグチャグ馬コ」っていうお祭り。 飾りつけをした馬が、街中を練り歩くっていうイベントね。

私の小学校は盛岡の駅前にあったので、 チャグチャグ馬コの通り道になっていて、 通る時間には全校生徒率いて写生大会だったんだよね。 今考えたら、小学生が道路にいっせいに並んで写生。



もう「写生」っつったら「チャグチャグ馬コ」っつーくらいの定番ぶり。
いま考えたら、何頭もの馬が馬糞を垂れ流しながら
盛岡の道路を闊歩する。って割とドギモな映像だけどね。
当時はなんの疑問も感じずに、せっせと馬を写生したモンだったよ。

そしてお次は夏のイベント「さんさ踊り」
Sansa3 このお祭りがアタシは三度の飯より好きだった!  と言っても過言ではなかったよ。

あ! ごめん、やっぱり過言でした。 うん、飯のほうが好きだったかもしれません。

でも、そんくらいこの祭りにアタシ命かけてたよ。

とにかく太鼓! 太鼓! 
太鼓! 太鼓の大行列!
中学校の頃からこのイベントに太鼓で出演しだしたあたしは もう練習に行くのが楽しみでたまらなくてさ。

このお祭りは、地域や会社、学校単位で出るもので、
その地区によっては太鼓のリズムが微妙に違ったり、
踊り方が違ったりするのね。
で、笛担当、太鼓担当、踊り担当なんかがいて、
花形の「ミスさんさ」かなんかが先頭で踊ったりなんかしてね!

まぁアタシは若かったから(?)「ミスさんさ」に選ばれることなく
盛岡を去ったわけだけども、最初に親につれられてさんさ踊りを見た瞬間から
その太鼓のかっこよさに魅せられていたアタシは
「踊りよりも太鼓! 太鼓やりたい!!」と親に直訴。

かくして、私は父親の会社の一員として
めでたく「さんさ踊り」の練習にオッサンに混じって
参加することになったわけだったんだけど、
アタシは中学生当時、吹奏楽でパーカッションを担当していたから、
太鼓のリズムにはちょっと自信があったわけ。

で、譜面とかも見慣れてるからその辺のおじさんたちより
上達早いかなー! てへへのへ!

とか思って渡された譜面見たらアータ。

1番
「ダンダンダカスカダン ダンダン 
カトカトカト ダン カトカ
ダンダカスカダンダンダン カトカ ダンダン 
カ カッ カッカトカットカット」


※「ダン=太鼓」「カト=フチ」



あれ? アタシのだけなんか手書きで、変な暗号書いてます。

って横のオヤジの譜面見たら
同じく手書きの「カトカットカット」が目に入った。

・・あ、おんなじですか・・アハハ・・・・おんなじ?! 

えぇーー!?


まぎれもないそれが、太鼓の譜面でした。

譜面てさ、譜面てさ、五本線引いてあってさ、
丸い玉と棒とか、区切ってみたりする線とかさ、
休んだりする記号とかさ、なんかさ・・・

とにかくそこにはアタシの見慣れた五線譜やら
音符やら小節やらは存在してなかったってワケ。

まー口から口へ伝わってきた伝統の太鼓

とは聞いてたけど、ここまでかー。やるなー。さんさ。
ってアタシさんさの奥深さ見たよ。
いまは譜面があるのかしら?

盛岡にお越しの際には是非ごらんあれ!!!

ダンダンダカスカ クリック!!
↓ ↓ ↓
クリックよろしく!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/19

お情け誕生パーティー

「ね、アタシの誕生日忘れてた?」

とかいう会話から発展して、
大学の先輩の家に「誕生会してあげるから」という理由で
お呼ばれしたアタシ。

しかも、30にもなって、そのセリフ、
18歳、21歳、23歳の先輩の娘たちに立て続けに吐いた。

っていうオソマツぶり。
結果、せがんじゃってんのね。


大人気ないあたしをどうか許して。



さて。

その先輩というのが、わたしが敬愛してやまない
15歳も年の離れた、大学の先輩。
通称「兄貴」。

兄貴って年でもないけどさ。
頭髪の具合とか見ても。←兄貴ゴメン・・

でもホントこの日は、関東地方にものすんごい強風が上陸してた日だったから、
「兄貴ー。ずいぶん持ってかれちゃいましたね!」なんて
頭指して言ったりしてお叱りを受けたよ。

っとに。先輩だから! 忘れがちだよ。


ちなみにこの方、うちの大学を卒業したあとに、
某ネズミーランドの中のバンドのリーダーでプロとして活躍されていた方。
大学時代はもちろん、伝説になっていた方だったから
(うちの大学は音大とかではないので、プロになった人が少ないから)
大学4年のときに初めてお会いしたときは、緊張してさー。

ずいぶんと堅苦しい口を利いていたような気がするんだけど、
いまやすっかり親類感覚。

たまに、大学のOBバンドに顔を出してくださったりなんかすると、
大学の友達の集まりに、親戚のおじちゃんが紛れちゃった。
みたいな不思議感覚。

そのくらい近い人になってしまった今なんだけども、
失礼な口を叩きながら、首の皮一枚。ってとこで
かわいがってもらってるあたし。ありがとー! 兄貴!!


で、兄貴に「じゃーママ(奥様)の餃子が食べたいです」とリクエスト。

このママ。

兄貴の奥様なんだけど、料理がとーーーーーっても上手!!
買ってきて食べるとか、レトルトとか、レンジでチンとかいう世界から
ものすごい対極にいるから、

ひょっとすると、「レトルト」って言葉すら入ってないかも。とか思わす。

もう「フリーズドライ」とかに至っては、言葉すら聞いたことないかな?

ぐらいの勢いで、なんでも手作りできちゃうスーパーお母さんなのです。

で。

アタシがリクエストした餃子出たー!

Aniki1

丸い。ね。焼き方からしてちげー。
間違いない!

サッと撮影して、さっそく2,3個放り込んだけども、
まーおいしいね。びっくりするね。

そして、兄貴のお家芸、築地のマグロです!

Aniki2

兄貴は築地が職場なので、
行く度に新鮮なマグロ食べ放題!!
これは言わずもがな、絶品デシタ。

んでまた誕生日ケーキに至っては、
わたしの大好きな「らぽっぽ」に似せた
「アップルスィートポテトパイ」!!

Aniki3 Aniki4
こーれーもーー!
とってもおいしくて、何切れ食べたっけ?
んー、思い出すとツライ思い出になりかねないくらい食べた。
ってことだけ告げとこうか。

とにかく、毎回この家に行くと胃薬服用しながらの滞在になっちゃうんだけど、
兄貴、ママ、そしてかわいい3人娘たちがわたしの第2の家族のようで
とっても安心しちゃうんだよね。

ちなみにこの次の日は、三女の誕生日だったので、
ママが作っていたバナナタルトを激写して帰ってきました。

Aniki6

うまそーー!
次は、こいつもわたしの手中に収めたいところです。
デハッ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/27

デートバトン <ラムより>

バトンがきました。

ブログには、ブログや日記をしている人同士でまわす
「バトン」と呼ばれるものがあり、なんと2回目です。

そう、昔で言う、「不幸の手紙」のような、
誰かに届いたら、それをまた誰かに回す。みたいなアレです。
ネット上で回る場合は「バトン」と呼ばれるみたいですね。

今回は、「デートバトン」
同じ会社のラムから。うーん、デートとか照れちゃうね。


よければ、次の方々にバトン回します☆
強制じゃないから、やりたくなければスルーでOKよん♪
次に回す人→ ぬま、 みさえ、 Chemyちゃん、 ぱんだ子

では、続きでどうぞ☆

続きを読む "デートバトン <ラムより>"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/01/26

キャラ弁大会 決意表明

ありえない。

うん。

あれ? 年明けにスローガン決めたはずだよね。
「ダイエット」みたいなこと言ってたよね?


うん、だったらありえない。

だって見たことない数値だもん。

あ、そっか、年末に体重計のボタン壊したもんね。
乗るとどんどん体重減ってくんだよね。
もうそれが、ライブドアの株価か、アタシの体重か。
ぐらいの減りを見せるわけ。一気に30㌔くらい減る。

でも、体重計に前傾姿勢で乗ると、最大Gがかかるらしく、
アタシの正確な体重が出ます。あ、出ちゃうんだ。

で、結果、ありえないわけです。


もうそりゃ、「10年愛」で大江千里が、
急回転するメリーゴーランドに振り落とされて死ぬ。
って展開くらいのありえなさで体重が増えてます。

うーむ。


やっぱり、手作り弁当とか作って、
ヘルシーなものたちに囲まれてこの1年送るべきかしら?
てよりも、送ろう。

てことになったかどうかは別として、
会社の仲間内で、「キャラ弁」大会を開催することに。

私のブログにも(勝手に)リンクさせていただいている
高3次男へ虐待弁当? キャラ弁」の霞んさんの記事が
フロムエーブルーに載ったのを機に、

「やりますか」
「やりましょう」
「そうですね、では私も。じゃあ、UGは、ヒューザーの小島社長ということで」
「いや、俺は・・」
「では、1月30日(月)に」

ということで、第一回の会合を終了。

その日のうちに、関係各位に大会目録の連絡。
あーなんて早いんだろう。私。
こういうことにかけては連絡早えぇ。


で、それぞれにキャラを決めたわけだけど。
食材集めで紛糾。

ないのよ。

青が。

ね。考えてもみて。青い食材ってないでしょ。
えーっと考えました。

「ガリガリ君」。

ぐらいのレスポンスしかないの。
自分の脳では。

というわけで、「青い食材」で検索かけてみたら、
なんと、夢のような青があるっていうじゃない。
dora その名も、「ドラえもん かまぼこ」。


ね。でもね、近所にないの。これが。
探したよ? それこそ毎日。
でも、見つかっても、「ドラえもん ソーセージ」までが限界。
どうしても「かまぼこ」がめっかんない。
「ミッキー かまぼこ」「ミニー かまぼこ」ってのもあった。
かわいいのーーー!

でも、アタシの求めてるのはカワイさじゃなく、青。
その中に、青の要素を探したけど、ないんだよね。
でも、「茶色」の要素は拾えそう。
耳の部分とかそうだったよ。
たださ、「茶色」ってね。肉とかちょっと焼いたらもう「茶色」。

だから今回は「霞ん」さんのHPを見て、「青」の出し方を学ぶことに。

彼女は、「カキ氷のシロップ ブルーハワイに、かまぼこを漬ける」という暴挙に出ていました。


・・・・っぇぇええええ!


でも、背に腹は代えられない!
いざ「ブルーハワイを我が手中にっっ!!」と鼻息も荒く、
スーパーへ出かけてみたのに、
ない。どこにもナッシングです。

ね、季節知ってる? うん。冬。みたいな。

そうなのよ、誰もカキ氷なんて食いやしねぇ。そんな季節。

でも、どこかすごく小さなコーナーにの一番下の段とかに
あるかも。ね。あえて中華料理食材のコーナーとか。
それか、ジュースのところ? 酒類?
リキュールなのかもしれないし・・・


・・・ない。


じゃ、夏・・シロップ・・・そうだ! カルピス!
カルピスがあるなら、ブルーハワイも・・・


・・・ない。


うーん。。ないです。


そもそも、青ってどうやって作るの?
青って作れないのかな?

食紅、食紅!

おっ、赤、緑、黄。3色あるじゃーん。
赤と緑で青できんじゃないの?

さっそく説明書読んでみました。

「色の取り合わせ例」

緑+黄=黄緑    ふんふん
黄+赤=オレンジ  はいはい
緑+赤=茶色    はっ?! えっ?

てわけで夢破れ。山河なし。です。

当日に向け、シュミレーションに励んでいます!
当然の如く、全力を尽くします!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/25

似てる似てるってみんなが言います

tami_makiuchi これ。 ウチの会社の子が書いてくれた私の似顔絵。

このセリフからも明らかなように、基本的に、人の話聞いてないらしい。うーむ。

私の会社のPCに貼ってあるんだけど、 通りすがりにみんなが「ほんとに似てるねぇ。ほんとに」 と何度も言う。でもかわいく描いてくれてありがと☆


で、その子が描いた、ユキンコ嬢のイラスト。

matsuo01_huse matsuo02_huse








その子が言うには、「二つの絵の、中間ぐらいの顔です」とのこと。

その中間を描け。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/07

さて。

新年も明けたし。ってことで、 去年習ってた着物を着て家族を驚かしちゃおう! とばかりにいそいそと持っていった着物を出してニンマリ。 知っている人は知っているのだけど、 私の着物は、「セイコ・マツダ プロデュース」モノなので、 着物や帯に、天使があしらわれている、なんとも乙女な一品。

さて、さっそく着て家族の前に出たら、 母親大感激の巻で、さっそく大撮影会に。 「これ! これ巻いときなさい!!」なんて キツネの襟巻き持って来てみたり、 アラーキー顔負け(実際知らんが)のアングル指示、 果ては、大雪がザンザン降る中、屋外での撮影。なんてことに。 とりあえずそのときの一枚を載せてみました。エヘ。EHE。

06_2 ちなみに、この首に巻いているキツネは、本物で、 その昔、私の親戚の「またぎ」をしてた人がいて、 その人が捕ったのを加工してもらったらしいんだけどさ。 あまりのリアルタッチに、なんだか首に巻くのがほんとに申し訳ない感じで。あったか仕様ですが。

で、そのあと地元の友達(と言っても、ぬま)と初詣に。 今年の運勢は、「大吉」でした! でも、大吉って逆に注意が必要って聞くよね。 そして、「凶」って逆にイイ。とかさ。 結局なに引いても「気の持ちよう」と「モノは言い様」。ってことになるわけで。 でも新年早々「大吉」ってちょっと嬉しいよね。

iwate1

それにしても、毎年一緒に過ごしてるのかこの女子なんだけどさ。 いい年して、毎年。 ある年は、新年のカウントダウンの花火があるから見に行こう! って行ったら、トンネルの中にいる間に花火始まっちゃって、 やっとトンネル出たら花火終わってた。って幕開け迎えたこともあったねぇ。

今回は、二人で「ボディーガード」見ながら新年明かしたんだけど、 タイトルが思い出せなくて、 「なんだっけ、この映画。『ホームパーティー』だっけ?」とか言って 「・・・。ホームパーティーって割に、誰一人楽しそうに見えないね」なんて言われたりしてたんだけどさ。 ねぇ。みんな仏頂面して拳銃持ってウロウロしてるわけだから。 ケビン・コスナーもピクリとも笑いやしねぇ。っていう。 しかしケビン・コスナーって最近見ないよね。

それにしたって今回の盛岡への帰省は寒かった! 例年にない雪、雪、雪!! 私が帰った後も、「今日ふぶいでらぇ。(今日吹雪いてるよ)」って電話があったから、 アレ以上に積もったんだ。。って思うと恐ろしいよ。 庭とか、2,3メートルの雪が積もってて見えないの。暗いし。 吹雪とか久々に体験しちゃったもんね。

うちの青森の実家は、周りになーーーーーんもないから、 夜中とかは雪の降る音が聞こえるのね。 「しんしんしんしん」って本当にしんしん言うんだよ。 昔だったら「雪合戦だー!!」とか「かまくら作る!」とか張り切れたんだろうけど、 なんだろうね、寒さに勝てなくて出られなかった。 毎日、モチを焼く→モチにあんこをからめる→ 食べる→寝る→モチを焼く→もちにあんこを・・・って繰り返してたもんだから ホント腰周りがヒドイ仕上がりになってます。。。

最近更新サボり気味だったのですが、 クリスマスに食べたケーキなどをこれからUPしていくつもりなんで・・ヨロシク!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)