2008/01/20

ヒトラーと過ごす、日曜の午後。

なにか映画を見たいな!

なにも考えずに笑えるような映画がいい!

と相方に話していたアタシ。


なにやら、自宅近くのレンタル屋さんに、
週に何度か通い詰めている様子の相方は、
そんなアタシのセリフを記憶していたらしく、
なにかいそいそと準備を始めたわけ。


まぁ、アタシとしちゃあ、映画っていやぁ、劇場。
ってことなんだけども、レンタルしてきた様子のDVDを
嬉しそうにセットしてる相方の様子を見て、
まぁ、家でゆっくり見るのもオツだよね。

とまぁワクワクとしていたわけよ。



で、アタシの期待したラインナップはといいますと、



なんかこうエディ・マーフィー的な方が
肉じゅばんかなんか羽織ったぐらいにして
民家破壊したりだとかね、

Mfw





チョビヒゲのオヤジが工場でねじ巻いてみたりとかね、
(チャップリン、家に写真飾ってるくらい好き)

Cc_2





こう腕のあたりから糸出してビルの谷間を
瞬時に移動してみたりだとかするような、

Sm



なにかね、深く考えずにすむ、あっけらかんとしたような映画をね、


期待していたわけなんですが、


なぜか映し出された映像は、






これでした。

Hitler









すげー重め。




しかも、ディレクターズ・エディションみたいな
長いバージョンのね。3時間たっぷりヒトラー。



あっれー・・

ナチズム? っつーかナチ? ナチっちゃう?
最後にゃアタシも片腕上げて「ハイル!ヒトラー!」とか言っちゃう?



いやーあたしもね、

日曜の午後=ヒトラー

って組み合わせ、キライじゃない。

ただ、アリかナシかで言うなら、
「ギリッギリのアリ」なわけ。
滑り込みのアリ。ね。
もー、審判も危うく親指立てそうになるぐらいの
アウトすれっすれのアリ。



ってことは空気で察しよう。


って言いたかったんだけど、


まぁ・・見ました。うん。ナチズムを。




このDVDのカバーを見ても分かるとおり、
ヒトラー役の人も役作りバッチシなのよね。

どうやらできるだけ忠実に再現しているらしく、
側近だったゲッベルスとかも、特殊メイクかなんかで
おでこが突き出てたり(ちょっと出すぎだったけど)、
足引きずったりしてるわけ。
もうちょっといろいろ調べてからみたかったなーと思ったよ。



しかもまたこれ、ドイツが初めてヒトラー映画を製作したっていう
代物で、主人公は、ヒトラーの秘書をしていた女性なんだけど、
この人が実在の人物で、本人が映画の最初と最後に出るわけ。
映画の完成を見届けてから亡くなったらしいんだけども。



で、彼女が最後に言うわけ。

ヒトラーは、私たちには普通の人だった。
むしろ優しかったと。
そして、戦争とか殺戮とかは、自分に関係ないところに
あると思っていた。若かったから知らなくて当然だと思ってた。

けど、同じ人が重大な殺戮を繰り返していたことを
戦争が終わってから知った。若いということは理由にならない。
無知だということは、とても大きな罪だった・・みたいなことをね。


「無知は罪」ってよく言うけどもさ、
あれだけの大罪を身近な人が知らなかったってことが
一番アタシにとったら衝撃だったよ。


ただ、実在の人物がコメント寄せてるだけあって、
大掛かりなドキュメント映画って感じを得たね。


てのは、映画自体、「最後の12日間」ってくらいだから、
崩壊寸前のナチスが描かれているんだけど、
ヒトラーに同情的に作られているわけでもなく、
かといってユダヤ人に寄ったつくりでもないなと。

よくありがちな大量虐殺の描写があるわけでもなく、
普通の戦争映画見てるような感じなんだけど、
でも世界中の人がナチスがなにをしたか知ってるわけで、
そこはザックリ省いた上で、みんなが知ってるヒトラーや
ゲッベルスたちはこんな風に最期の時を過ごした。
っていうのをドキュメンタリーのように追ってる印象でした。

どこか感動的なエピソードとか含まれてるとかじゃなくて、
ほんとにあったことをそのまま映像化した。っていうような。

泣けるとこはアタシはなかったかな。
だって同情の余地ないから。

ま、日本も戦争映画で感動的なのあったりするけど、
外国からみたら「同情の余地なし!」なんて
思われてるのかもしんないけどね!



ちなみに大学の第2外国語にドイツ語を選択していたあたしは、
中世の町並みとか魅力もあるし、
自然も美しい、音楽もすばらしい・・・と
ドイツに憧れを抱きながら大学生活を送った一人だけども、

なんか色で言えば「黒」のような
ちょっと暗い印象がつきまとっていたのは、
やっぱり「ナチ」のイメージが強いからかなぁ・・

とか思ったりしてね。


しかも、ドイツ語教えてくれてた先生も
軍の司令官みたいな人だったから、
厳しい状況の中で学んだし。




映画終わった後に、相方に向かって
「ドイツ人てアレだよね・・」って続けて言おうとしたら




「ドイツ人? あー。太ってる人多いよね」



・・えーーーっ!?



そこ? 感想。



瞬時に、ナチスとか一切無視したところにいたんで、
その明るさ、てかひきずらなさとかはちょっと見習いたい。
とは思いました。

ちなみに、この主人公なんだけど、
アレクサンドラ・マリア・ララっていう女優ね。
マリエにそっくりだったの。

Maria



ね。ちょっとイメージ違うけど、似てないかい?
映画みるとそっくりだから!
この方、ルーマニア系の方らしいんだけど、
マリエもルーマニアのハーフなのかな?


ちなみに、アタシの好きな超人に、
「ブロッケンJr.」とおっしゃる方がいますが、
彼もドイツ出身です。キャ☆

で、彼のテーマソングの中には、
「ハイル! ブロッケン! ハイル! ブロッケン!」
てのが入っておりまして、小さい頃はよく弟と競うように
ブロッケン一族を心から称えていたわけよね。


でも、テーマソングの内容は過激です。

「俺のハートに棲みついた悪魔が
お前殺せと叫んでいるのさ

正義きどった超人よ
俺の反則技で地獄へ送るぜーーー

あぁ ベルリンに赤い雨が降る~」

ですんでね。


血の雨降らしちゃう極悪人ですが、
後に残虐超人から、正義超人への華麗なる転身を遂げますんで、
皆様、ご安心を!

しかも、こないだこれ当てたの!

8

アタシの想いって通じやすいよね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/01/23

映画ってほんとにいいものですね。

昨日は「なまはげ」が出てくるお店で新年会だったよ。

Photo_6

なんか見た目怖くてちょっとちびりそうになったけど、
何回も来られるとこっちも持て余し感があって、
「泣く子はいねがーー」とか言われても
「あ、ちょっとここにはいないみたいです」みたいなあしらい方するっきゃなくて
ちょっとなまはげサイドに悪いことしちゃったな・・みたいな感じでした。

もうちょっと「ぎゃーーヤ・ラ・レ・ターーー」とか
「逃げろーーー!」とか盛り上がればよかったかなーと思うほど
なまはげを気遣いつつの新年会。
でも楽しかった! うふふのふ!


さてっと、映画観たいなって思ってんだけど。
なんか最近、オシャレでかわいい映画が目白押しだね!
『プラダを着た悪魔』とかさ!

でも映画ってわざわざ時間とらないといけないから、
手始めにDVDでも借りてなにか観ようと思って借りてきたのが、
『嫌われ松子の一生』。よかったわー。

主人公・川尻松子の不幸な人生をコミカルに時にはシリアスに
歌とか交えながら追っていくんだけど、途中途中けっこう笑えんだよね!
殺されてるし・・不謹慎だけど・・笑っちゃう! みたいな。
なんせ、松子が晩年夢中になるアイドルってのが、
光GENJIの内海光司って設定だからさー。
キノッピーですよ。懐かしいなー。


しかも私はミュージカル映画が大大大好きなので、
この映画みたく途中で歌ったり踊ったりするような演出が割とスキ。

歌もすごくよかった。
ボニーピンクの「LOVE IS BUBBLE」が有名だけど、
中谷美紀が歌う「まげて のばして」とか「Happy Wednesday」とかもいいし、
「及川リン」っていう歌手がまたよかった。
ちなみに、サントラのトランペットは「Koji Nishimura Group」って書いてあった。
見覚えあるぜー。この名前。わかる人にはわかる。


ただ、この映画のおかげでTVで中谷美紀見るたびに
「ちょっとかわいそうな人目線」で見てしまう私がいるよ。
もうそのくらい乗り移ってたって言っても過言じゃなかった。

それと、この映画の沢村めぐみ役・黒澤あすかさん、かっこよかったー。
任侠モノに良く出てるのかな? とにかくド迫力!
この人が出てくるシーンだけ凝視しちゃうんだよ。
こういうのがスクリーン映えするってことなのかね?
もし観てない人いたら、途中で踊ったりされることに抵抗なければ見てみてよ!

ちなみに、目下私のこころを捉えて離さない映画は、
『マリー・アントワネット』!!

公式HP http://www.ma-movie.jp/

Marie


フランス好き。ってのと、『ベルばら』ファンてのが強いんだけど、
ただねぇ・・マリー・アントワネット=キルスティン・ダンストってのが
どーーもイメージと違くて、行こうか行くまいか迷ってたんだけど・・


それでも、やっぱり見に行きたい! という理由がありまして・・
それが、マリー・アントワネットに登場するスィーツたちを見たい。っていうこと。

え? 食い物を見に・・行く? 


と思った人もいるかと思うのですが、
ノンノン!
なんと映画に登場するスィーツたちは、
フランスの『ラデュレ』に特別注文したものなの!!

まず、その色使いからしてもまーきれい。
「マリー・アントワネット」のホームページに、
スィーツに囲まれるアントワネットの画像があるから見てみて!
ステキ・・ケーキがピンクですよ!
んでなんかチョコの上に白いのかかって、
赤いのわーっとなってて、フワッとしたのかかってさ!! 

きゃー!
早く観たーーーい! そしてスキあらば食いたい。←こら

そうそう、んで、その『ラデュレ』とは?

ってー話になると思いますが、
私の大好きなブログ、「カメラと一緒にパリでお散歩*」の
アリアちゃん一家がよく行っている、パリの有名なサロン・ド・テで、
パリではとても有名なスィーツの老舗。

ラデュレ フランスのホームページ

(ちなみにサロン・ド・テって、フランス語で、
「紳士、淑女たちがお茶を飲みながら、語らう場所」
って意味らしいんだけど、とりあえずカフェの高級バージョンみたいなもんかな?)

スィーツの色味もきれいだし、一つ一つが宝石のようなのです!
しかも、日本上陸してないってところにこだわりを感じるじゃない?

ちなみに、私の大好きなパティシエ、ピエール・エルメ氏も
このラデュレでシェフ・パティシエをしていたとのこと。
いやー・・・魅力的☆


だから、アタシのフランスメモ※には、
「ラデュレに行く!」ってのがまぁ堂々の1位に君臨していたわけ。
※いつか旅行したときに行く場所:主にケーキとかパン屋のメモ

が。


どうやら今年の秋から日本橋三越にやってくる!って話なのよ。
あれー? もうちょっとこだわってほしかったけどもーーー・・
とはいいつつ、アタシの心はもう大興奮!!


しかも、路面店も2008年にできるんだって!
えーーええーー! どーしよ!! 行列できても並ぶよ。
むしろ、前日から待機。ぐらいの勢いで並ぶよ!
開店と同時に大きめのマカロンをほおばりたいよ!
ふはーっ! 楽しみ!


もうこれはほとんど「ラデュレ」を楽しみに行く映画なんですよ。←あたしにとって


とにかく今年も美味しいものに出会えますように☆


って結局映画の話じゃねー!


ラデュレを食べたい!

↓ ↓ ↓

クリックよろしく!

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006/08/27

ジョニーを越えたオーランド(アタシの中で)

とーとー見た。
見てやった!!

「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」!! 長い!

パイレーツ・オブ・カリビアン 「デッドマンズ・チェスト」 公式HP

ホント、あの役を演じられるジョニー・デップには感服しちゃう。
自分で考えて役作りしたらしいけど、すっかりもう「パイレーツ」うんぬん
とかよりも「ジャック・スパロウ映画」って感じになっちゃってるよね。
それほどまでに彼の個性が立ってる映画。って感じがする。
それにしてもステキでした・・・・ほぅ。。。

Poc

そして今回、なによりもアタシの心をアツくしたのが、
前作よりもグッと骨太になって帰ってきた
オーランド・ブルーム!!!

Photo_4

彼は、「サムの物語」と言わしめたあの
「ロード・オブ・ザ・リング」に出ていた時は、
「線が細いから却下!」←なにを。
なんつってアタシのおめがねに適うとこまで来てなかったわけなのに←どこ目線だよ


急にね。そらもー急に。

前作の「パイレーツ・・」みて「やーかわいーー♪」と
すっかりファンになったはなったけど、
今回アンタ、「かわいい」どころの騒ぎじゃないわけ。

すっかり大人のオトコになってかえってきたのよーーっ!
なんか船で服をビリビリに破かれるシーンがあるんだけど、
その出てきた背中がアタシに「飛び込んでこいよ」って言ってる。

あーもー「オーリー(オーランドの愛称)!!!」って叫び出したい気持ちを
押さえての鑑賞となりました。

でも、物語の中で恋人役の、キーラ・ナイトレイは、
そんなステキなオーリーを射止めておきながら、
ジョニー・デップに心惹かれて行く。という流れ。
オーリーがそこに気づいて切ない表情を浮かべるところもまた・・・!!


はー。


ステキ・・・


しかも、出ている俳優(みんなかっこいい!)は、
全員キーラ・ナイトレイが好き。みたいな設定でさ。


なんだったら1人ぐらいアタシ、面倒みるけど?

て言いたくなりやす、ほんとに。


なんだろ。

最近、斎藤くんといい、オーリーといい、
アタシの心がときめきを求めてやまないようです。


さて、この映画。作品の内容もさることながら、音楽がイイ!!
この映画の作曲をされているのは、ハンス・ジマーという方なんだけど、
あの「料理の鉄人」のテーマソングで知られる、
映画「バックドラフト」の作曲者
もこの人!
あとは「ラストサムライ」とか「恋愛適齢期」とか。
見に行ったことあるのばっかりなのに、一切気づかなかった。

冬に、大学のOBバンドで演奏会があるのですが、
そこで演奏する予定!(あ、でも私がやりたいって主張してるだけだけど)
この音楽そのまま再現するの難しいけど、
それなりに頑張るので、見に来れる人来てねぇ!
(結局最後は宣伝・・)

3作目「At World's End」に期待!!
↓ ↓ ↓
クリックよろしく!

| | コメント (4) | トラックバック (0)